村上春樹 「東京奇譚集」

 文庫本になったので新たに読み直した、再読です。前にも書いたけれど文庫本で「ハナレイ・ベイ」が読みたかったのです。「偶然の旅人」と「ハナレイ・ベイ」は話を覚えていたけれどほかの3編は結末とかまったく覚えていなくてちょっと自分でもびっくりだった。

 どの話にもしんとした静けさがあって、埋めることの出来ない失われたものがあると思った。しかしそれを受け入れてそれを抱えながら進んでいくんだなと思った。
 それは悲しいことなのかな・・・・
 でも強さを感じる。

東京奇譚集 (新潮文庫)

東京奇譚集 (新潮文庫)