戯言スクラップブック

また日記を書き始めました。読んだ本や聴いた音楽など

AIR@ZEPP東京


ツアー最終日行ってきました。最終日とは言え去年のチッタ川崎と2回しか参戦してないですが。ひとりで新幹線に乗って、ゆりかもめに乗ってお台場まで。外のロッカーに荷物をつめてTシャツになり開場を待つ。なんか準備が遅れてるらしくなかなか開場にならず寒空の下延々待たされ完全に冷え切ってしまいました。冬のライブは辛い。 そんなかいあってか最前の端があいててそこの位置で見ることが出来ました。端とは言えステージがばっちり見える特等席。その上端なんでダイバーも来ないしモッシュもそんなにひどくなくてじっくりライブを楽しめる事が出来ました。
 今日のAIRは半袖のシャツにコットンパンツ。髪も少し前髪が伸びたストレートヘア。でてきただけで本当かっこいい。(ミーハーでスイマセン)
この人本当に30なんだろうか・・・・かっこいいと言うよりやっぱり可愛い・・・怒られそうだけど・・・・。
 最終日という事もあってパーカッションの方が最初から2人入ってました。端でスピーカーの前にいたにもかかわらず、すごい音よかった。佐野さん、渡辺さんの演奏って本当に素晴らしい。今回のツアーはそうやってじっくり曲を聴かせる感じでいいなと思った。いつもAIRのライブでは酸欠になるくらい揉まれるので、こんな汗かかなかったの初めてかも。
もちろん激しい曲も途中に挟みながらではありますが全体的には聴かせる曲が中心だったかな。ルーシーもやってくれたし、TODAYはただただうれしくてめちゃくちゃ笑顔で聴いてたような気がする。「ここで確かに」で何故か泣きそうになって困った。何故かわからないけど急にぐっときて。
 毎回毎回言えることだけど彼のライブに来ると温かさをもらって帰ってくる。そしてほんの少し頑張ろうって思う。彼の姿を見てるとそう思わせられる。 またきっとひとりでも彼のライブに出かけよう、何回でも。

2003/01/25