角田光代「マザコン」

 ひさしぶりに角田さんの短編を読みたいーと思って購入。やっぱり、さすが上手いなあと思ってしまう。このもやもやしたような微妙な気持ちを表現する上手さ!。
 自分自身を振り返れば母親との間に重たいものは本当にまったくといっていいほどなくて、それは多分自分の母親が娘を支配したいと言う部分がなかったからなんだろうとこの短編集に出てくる何篇かを読んで思った。父親に対しての方が色んな複雑な感情がある。母親はいつもおおらかで面白い人だ。
 でもこの短編集を読んで気づかされた、母親という人間について本当に何も知らないんだなあと。一人の人として見てみると物凄く不思議な気持ちになってしまう。
「鳥を運ぶ」と「パセリと温泉」が好き。
角田さんの作品に「ロック母」という作品もあって・・・・自分はどうなんだろう。普通じゃないことだけは確かか・・・・。

 角田さんの作品はどんどん視点が移ってきているように思う。家族という共同体のつながりに。

マザコン (集英社文庫)

マザコン (集英社文庫)