岸田今日子「二つの月の記憶」

 炬燵にもぐりながらぼーっとなりながら、でも一気に読む。
 どれも短い短編が7つ。

 1話目の「オートバイ」がもうたまらなくかっこよすぎて、ちょっと頭をがつんとやられました。ああ、岸田さん自身に演じてもらいたかったなあ・・・・。マンディアルグの「オートバイ」と言う小説も読んでみたい。
 他の短編もぞっとさせられたり、ユーモラスだったり、そしてやっぱりちょっといやらしかったり、それぞれの色と空気が流れている。

 岸田今日子さんは本当に亡くなってしまったのかな?と不思議な気持ちになった。

 装丁が素敵で(カバーをめくって感心してしまった)みたらやっぱり祖父江さんだった。

二つの月の記憶

二つの月の記憶