古川日出男「二00二年のスロウ・ボート」

 大分遠征の折に一気に読みました。なかなか面白かった。古川日出男本は2冊目で、前回のベルカは相当苦労しました。何というのかその文体に・・・・・。あれで慣れたせいかもしれないけど今回はスラスラ読めたなあ。なんかちょっときゅんとする様な部分もあり・・・青春だなあと思った。東京脱出と恋。3人の女の子が出てきてどちらもかなわない結末ではあるけれど何故か力強くてさばさばした感じがする。女の子それぞれがかっこいいからだろう・・・。
 「中国行きのスロウ・ボートRMX」の改題で、村上春樹リミックスと名うって何冊か出てたうちの1冊だと思う。そのときはなんか企画自体に反発する気持があってどれも手に取らなかったなあ。あとがきで作者も書いてるけど「僕は小説も、当然、そういう作業を試みるべきだと思う。オリジナルに対する愛情を、いまの時代の枠組の内側で演奏すること。」これからはこういう形の小説も多くなるのだろうか。でも今作と「中国行きのスロウ・ボート」は自分のなかではリンクしなかったけど。
                       

二〇〇二年のスロウ・ボート (文春文庫 (ふ25-1))

二〇〇二年のスロウ・ボート (文春文庫 (ふ25-1))