川上未映子「すべて真夜中の恋人たち」

 今年1冊目読み終わり本。あんまり好きじゃない女の人が出てくる。主人公の冬子もとらえどころのない感じだ。
 こんな事おこらないんじゃないのかなと思いつつ、反対にリアルさを感じたりして。三束さんの誕生日のデイナーのあとの光景はちょっとキュッとする。自分の中のどこかに残りそうだ。

すべて真夜中の恋人たち

すべて真夜中の恋人たち