村上春樹「雑文集」

 この間でたインタビュー集につづいて今度は雑文集かあ・・・・と一瞬なんかなあと思ってしまった。なんでもかんでも村上春樹ものなら売れるんだし・・・と天邪鬼な気持ちになったけれどやっぱり買ってしまったし、読んでしまったし悔しい(笑)それに面白かったし。なんか村上春樹の文章を読んでると着慣れたシャツを着てるような普通の心地よさがあって安心できる。その安心の中にうんうんとうなずけるものがあって、それは長い事彼の作品を読んできた人はそうだと思うんだけどもう自分の肉体のなかに入り込んでいるものだよなあと思う。
 こんかいこの雑文を読んで、あ、と思って掘り返してみてああそうだと思ったり、またもう一度考えさせられたりそんな時間を与えられたような気がする。

 なぜ作られた物語、小説、フィクションを読むのかという事そこをまた再確認させてもらった気がする。ここではないもう一つの世界に入り込む事、そして再び現実のこちら側に戻ってくる事。

村上春樹 雑文集

村上春樹 雑文集