村上春樹「レキシントンの幽霊」

 こちらも何回も読み返している短編。何回読み返してもやっぱり面白い。だけどやっぱり「氷男」がよくわからない。よくわからないけれど時々氷男の妻のような気持ちになることがある。失ってしまう事。

レキシントンの幽霊 (文春文庫)

レキシントンの幽霊 (文春文庫)