ROVO@渋谷O-EAST

今日のライブはArt Jam Session +POPGROUP KAIKOO VOL.6 と言うイベント。開場4時、出演者が6組と言う長丁場なので何時に行く?どうする?とTさんにメールしたらとりあえず全部見てみたいと言うので3時半に渋谷で待ち合わせる事にする。
今日16日と言う日は他に青山陽一山口洋豊田道倫と行きたいライブが3つもあったけど、だって山本さんですから、やっぱりROVO見たいじゃないですか!って事でROVOを選択。
昼間は晴れてたのに待ち合わせの4時前はどんよりと曇ってきて雨でも降るんじゃ?と言う空だった。
4時開場だったのに30分くらいおした。会場に入ったらDJの人が回しててとりあえずポケーっとする。
最初のDJが終わってYAS-KAZ の演奏。ギター、ドラム、クラリネット?と言う編成だった。クラリネットの人が自分の演奏じゃない時は下がり、また出番になると前に出てきてた。
続いてoak 。こちらはドラムとベースの二人編成。ベースの人の髪振り乱す姿に?!と思ったらwalrusでベースを弾いていた三浦薫氏だった。懐かしいなあ…そして変わらない弾き方。音そのものと戯れている感じ。
oakの演奏が終わるとそれまで空いていたフロアがにわかに賑わってきた。どうやら皆dj KENTAROがお目当てのよう。スクリーンに手元の映像が映し出されるんだけど中々凄かったです。ここでアルコールを飲んで程よく酔っ払う。

dj KENTAROに続いてDJ BAKU へ。かっこいいんだけどふたり続いてのDJにちょっと疲れ気味。ふだん全然DJイベントとかいかないし。でもフロアは盛り上がっていたなあ。一瞬モッシュとかおこり。最後ステージでROVOの準備がはじまったらなんかソワソワしてきて落ち着かなかった。

今日も山本さんは帽子なし。そしてちょっと髭がのびていた。帽子なしブーム?
演奏は新曲を中心に4曲、アンコール1曲くらい?
山本さんのギターの音はけっこうよく聞こえたんだけど全体の音として考えたらちょっとぼやっとした印象を抱いてしまったのですが…。ライブハウスであるEASTより催し物会場のこの間のラフォーレの方が音が良かったような気がする。
山本さんの動きもわりと地味だったかも。この間と比べてって事だけど。おまけになんだかかなり暑かったです。もう少し空調効かせればいいのに…山本さん、顔が汗ダラダラだった。原田さんも汗だくで途中でタオルを首にかけていた。途中で原田さんがなんだかニヤニヤとしていたのは何故?
でも山本さん、動きは地味だったけど細かくきっちりとギターを弾いてられました。ああ、ここでこうやって音だしているのか…とか見るのが好きです。
本編最後にやったちょっと民族風な新曲、中盤、よりダンサンブルな感じになっていた。そして最後のあの全体でガーっとなる所、凄く長かった気がする。ギター持ち上げて掻き鳴らして中央を向いて皆が山本さんを見て終わるタイミングをはかってた。圧倒された〜。
アンコールの拍手で出てきて一言。「最後に気を取り直して」って(笑)
自由に揺らめくように弾かれるギター。ああ終わるのがもったいないなあ…。

次にROVOが見れるのはフジロック。はたして真夜中の3時まで頑張る事ができるのか自分?

帰りはTさんとモスバーガーによって帰る。やっぱ長丁場だったのでちょっと疲れた。