桐野夏生「ダーク」

前回に続いて桐野夏生の小説。今回は38歳の村野ミロが主人公。このミロシリーズは読むの初めて。やっぱり・・・・なんていうか桐野作品の女の人はかっこいい。凄い壮絶。生きていくことをこんなにも自分で辛くしていくのって何でだろうとか思いますが、自分で自分をそうやってギリギリの状態に追い込んでいくのが彼女の性なんでしょう。読んでると、こちらも追い詰められる心情になってしまう。
 育ての父を殺害。自分じゃない自分になっての逃亡。歳の同じ父の愛人との格闘。レイプされた男の子供を生む。普通の人間では到底体験しないような出来事。そうではあるけれどもこういうことってもしかしたらいっぱいあることなのかもと思ってしまう。
 自分には絶対出来ない生き方だからかっこいいと思ってしまうのかもしれない。 男をここまで深く愛することも到底自分には出来ないな。

ダーク

ダーク