中野翠「アメーバーのように。」

 中野翠さんが20年間に書いた書評「ベスト・オブ・中野書評」。実はこの文庫本はここ最近のお風呂本だった。お風呂に浸かりながら一編二編と読むのはとても楽しい時間だった。べたべたしていないさらっとした文章。知らなかった作家、読んでなかった作家、読むのを避けてた作家、彼女の文章を読んでると読みたくなってしまう。うきうきする橋渡し。寺田寅彦にまったく興味がなかったのだけど、読んで見たいな〜と思ってごそごそと本棚からちくま日本文学全集寺田寅彦」を引っ張り出してきた。読んでなかった1冊だ。最初の団栗を読んだらずーんとなってしまった。


アメーバのように。私の本棚 (ちくま文庫)

アメーバのように。私の本棚 (ちくま文庫)