小川洋子「海」

 読んでないうちに新潮文庫で出てしまった〜。文庫買いたくなったけどせっかく単行本で持っているのだから読もう、今読もうとおもって読んだ。7つの短編。さっそく不思議で少しエロティックな小川さんの小説の世界に入り込む。少し硬質で冷たい。気持ちは触れ合っているけれど入り込まない。まじわっているけれど拘束しない。

海