吉行淳之介「薔薇販売人」

 この間高円寺の都丸書店で買った1冊。昭和51年の角川文庫。「薔薇販売人」「ある脱出」「藁婚式」「谷間」「祭礼の日」「重いからだ」「夜の病室」「水族館にて」「驟雨」

 わりと初期の短編が並んでいるのかな?読んだことのあるものもあったし、はじめてのものもあった。やっぱり吉行淳之介の短編好きだなーと思ってしまう。そこのほうにヒヤッとしたものが在る。ひやりとしていて感情がないようであるけれどそこに揺れる感情が好きだ。揺れていると自覚しながらそれを外側から見つめているところが好き。