角田光代「人生ベストテン」

こちらも少し前に読了。角田さんの小説に出てくる人たちはかっこ悪かったりする。おしゃれさんは出てこない。すっきりと生きていけないぐじぐじさ。足元が固まらない不安感。壊れた椅子にたっているような・・・そこが好きなんだなと思う。だけど弱いようでいて強い。そこに惹かれているんだと思う。

 それにしても本当に上手いなあ思う。「貸し出しデート」とか光景が浮かんでしまう。

人生ベストテン (講談社文庫)

人生ベストテン (講談社文庫)