MO’SOME TONEBENDER@渋谷AX

今日は一日仕事を休んでバスにて東京へ。ぐんぐん高速道路を走っていって空は真っ青に晴れ渡っていてやっぱり今日もモーサム日和。
 
 東京について友達達と新宿のフレンチトーストのお店にてお昼。北海道に行った友達の土産話などを聞きながら。

 それから渋谷に移動〜。原宿駅からAXへ向かう途中の街路樹の銀杏が物凄くきれいだった。わざとふかふかの落ち葉の上を歩く。今日は本当に気持ちのいい日。
 AX前にてモーサム友達親子に会う。お子さんは2歳で今日はやっぱり彼女はライブは見れないけどAXの前でしばし遊んだ。(遊んでもらったのかな?)もう、あのくらいの子供のかわいさといったらっ!抱っこさせてもらって嬉しかったなあ〜つれて帰りたくなっちゃいました。

 ドトールでお茶して開場前にAXへ。なぜか前回より人が少ないような気がする。あんなにたくさんいた見知らぬ人たちはどこに・・・・。前回のツアーではそういう部分でちょっぴりの疎外感などを感じたりもしていたのだ。そのせいかどうかわからないけどステージ全体が見える位置で見れたのは幸運だった。長野、新潟と中央よりにいたので誰かを見てるとほかの人は見れなかったんだけど今日は端のほうで見たので3人一緒に見えた。

 札幌に行った友達によるとセットリストが変わったとの事。イサムさんが踊って出てきたって言うので期待(笑)踊ってはなかったけれどダウン着て出てきた(笑)ダウンの中はボーダー長袖Tにパッチワーク動物Tの重ね着でそれもまた可愛かった。

 始まりはやっぱり長野新潟とはかわりYoung Lustはじまり。とは言えあまりよく覚えてないのはどうしてなのかな。小さいハコを2回見た後だったのでちょっと戸惑った部分もあったかもしれない。なんか空気に飲み込まれた感じ。斜めから見てて、照明がちょっとまぶしかったけれどその照明に浮かびあがる百々さんのシュルエットがかっこよかった。ちょっと腰を後ろに突き出し気味の、なんかイギーっぽいなあ〜なんて思いながら見てた。
 音が最初やっぱり気になって、低音聞かせてゴリゴリに推し進める感じだったけれど途中からそれもあんまり気にならなくなっていった。自分がどんな状態でどう聴いていたのかそれすらあんまり思い出せなくて、でもライブが進むにつれてどんどん集中していったと思う。なんかわからないけれどクチパクでずっと歌ってたり、しきりに叫びまくってたような気がする・・・・。

 中盤でやったDawn Rockのあの最後、3人が向き合って音ぶつける所、もうずっとずっと続いてていいよ、とか思った。その音の中に紛れ込んでしまいたかったな。時々何もかもどうでも良くなってぐにゃぐにゃになってそこら辺に寝転んでしまいたい衝動に駆られる。(そんなことはしないけれど脳の中でそれを欲っしてる)

 Black Christmas、シャンシャンと鈴を鳴らすタケイさん。そして百々さんのスライドギターがたまらない、踊ってしまう。「秘密にしようよ」から続く曲たちの間、じっと身動きしないでステージを見ていた。それでまた、ああ・・・・やっぱりモーサムが好きで好きでたまらないなあ〜とか思う。そうして音に包まれながらひとりで感極まっていたりした。

 それにしても今日はめちゃめちゃ踊りました(笑) Black Christmas  Lost In The City Lucky Friends Bad Summer Day Blues そしてアンコールでhang songまで。 ディスコ魂に火がついたよ(汗)しょっちゅう手を上げて。それはめちゃめちゃ楽しかったです。Lucky Friends、百々さんのジャンプに合わせて笑顔笑顔でジャンプしてたり・・・。
 Bad Summer が終盤に来たわけだけど、それも悪くないけれどやっぱりしょっぱな、マントをかぶったタケイさんがささやくIntroduction始まりは物凄くわくわくしたと思う。もうあの長野での暗闇始まりが自分のなかで凄く印象深いものになったんだなと実感。ああ、でももうあと少しでライブが終わってしまうと思って踊りまくってやれ〜とか思いながら踊りまくってしまいました。

 本編ラストの18。まだまだ興奮気味のまま腰を下ろす百々さん。懇親の力を込めて歌ってるように見えた。最後頭を振りながらマイクに向かって何回も叫んでいてもう胸がいっぱいです。

 アンコール、上着を脱いでTシャツ姿の百々さん。Tシャツの生地が薄めでテロテロなのでズボンのベルトとか透けてた。あ、それから今日のパンツ若干丈が長いんじゃ?とか思ったけれど余計なお世話ですよね(笑)ああ、でもおしゃれ百々さんよりもそういう百々さんが好きです(笑)

 アンコール1曲目はGREEN & GOLDで、やっぱりこの曲は壮大でキラメキがあって何回聴いても気持ちが沸き立つ。それから2曲目は hang song。開場待ちのときまだリハをやっていて実は聞こえてきたんですよ〜。やるんだ!と思ったらやっぱりやった。今日は新幹線で帰る予定だったので時間が気にならないでもなかったけれどそんなことどうでもいいかなとか思って踊りまくってしまった。途中トランペット吹くタケイさんの側まで百々さんが寄っていってギター弾いてました。そしてもう最後の百々さんの壊れっぷりがすばらしかった!前に出てきて足をモニターにかけて見たりギターを弾きまくっててやってくれたなあ〜!(やられた、やばかった)最後イサムさんはジャンプするし、そういえばBad Summerの時も立ってドラムたたいてなかったっけ?

 再度のアンコールを求める拍手のなかぎりぎりまでいて会場を後に。今日のAXは自分にとっては凄く良かったです。ここ最近の東京のライブで感じていたもやもやがなかったし。モーサムの演奏以外のものに一切わずわらされる事もなく気持ちを集めてライブに集中することができた。そしてやっぱりこのバンド好きだーって気持ちがどうしようもないほど溢れてきた。
 毎回こんなこと書いててちょっと恥ずかしいけれどそうなので仕方ない。このツアーはまだまだ過度期であるんだと思う。ずっとツアーについていってもっと深まるところとか変化とか見ていたいのに・・・・。もうそれはどうしようもないけれど諦めるしかないけれど。そう、大阪と名古屋に行けるようになった事を感謝します。