バルーンの不思議

 朝職場に向かっていると空にたくさんのバルーンが。職場の近くで毎年このゴールデンウイークにバル−ンフェスティバルと言うのがやっている。いつも連休は仕事に来ないから分からなかったけどこれはとても素敵な風景です。昨日は生憎曇ってたし黄砂も影響してかもやっていて良く見えなかったんだけど今日はしっかりと見えた。なんかちょっとうきうきとしてもっと近くまで行きたくなったんだけど仕事があるので断念。もっと近くに行って写真撮りたかったな(空に小さく浮かんでるのがバルーンです)

 その仕事今日も朝からプリンターが壊れて大変だった。紙詰まりが原因で詰まった紙を取り除いてもなおらなくてシステムに電話。この応対する人が典型的な理解人間ぽくてこんなことも知らないのか?みたいな小馬鹿にしたようなしゃべり方。ご自宅のプリンターと同じようにクリーングしていただかないとと言われても自宅のプリンターはめちゃめちゃ旧式なんでそんなボタンすらついていないんですけど・・・・。そしてそんな事してるうちにどんどん開店時間が迫ってきてどうしよう間に合わない!みたいに追い詰められていき本当にあせった。
 日中は日中で信じられないくらい混んで仕事から帰ったらぐったりとしてしまった・・・・。でも連休の仕事も今日で最後、明日はやっとライブ♪楽しみだ。

 ところで昼間外をチラッと見たらバルーンがひとつも浮かんでなかっやので同僚にその事を言ったら、朝じゃないと駄目らしい。なんか空気の冷たさの関係みたい。上空と地面の温度の関係なのかな?本当なのだろうか?調べてみよう。そして来年はもっと近くまで行って見てみよう。