CLAP YOUR HANDS SAY YEAH「The Tourist」

NYブルックリンで結成された5人組インディー・ロック・バンド、3年振り通算5枚目のアルバム。

去年買ったアルバムを振り返っているんだけどむしろ買った時より真剣に聴いていたりする(汗)それでこのアルバムの他の人の感想を読もうと思って検索したけれど、見事に出てこない。出てくるのはCDショップとか音楽サイトの情報としてのものばかり。もう誰も洋楽CDの感想なんて書かなくなっちゃったんだなあとしみじみ思う。それでも好きなブログが何こかあっつてそこで紹介してくれるCDが楽しみなので本当にお願いですから続けてくださいという気持ちでいっぱい。

話が横道にそれたけどこのアルバムの前作の「Only Run」は結構好きで良く聴いた。初期のようなのんびり緩やかな感じではなくて結構ぎっしり感のあるアルバムでシンセを多用してちょっぴりニューウエイブな感もあり、ちょっとダークなアルバムでもあった。この年は来日してくれたのでライブにも行った。

3年ぶりのアルバムということだけれどなんか短いスタンスでアルバム出してきたという印象。そして最初きいて「Only Run」の延長線上にあるアルバムなのかなと思った。なんというのか曇った揺らぎのような感じとか。良く聴くとまた違ったアルバムなんだけど。あんなに盛り込みすぎてないし、もっと自然体でラフ。だから最初はインパクトが弱いかなあと感じてしまった。だけどこの部分こそがこのアルバムのいいところなんだと今になって思う。それにしても本当に去年のベストアルバムとかにも全然あげられてばかったなあ・・・。
いやあ・・・今回振り返りつつ凄い何回も聴いてしまいました。

THE TOURIST(国内盤 +3BONUS TRACK)

THE TOURIST(国内盤 +3BONUS TRACK)