GRAPEVINE tour 2011@なんばHatch

 昨夜は名古屋から新幹線に飛び乗って大阪へ。住吉に住んでいる妹宅で泊めてもらう。今日はその妹とバインちゃんのなんばHatchへ。開場してのあのエスカレーター駆け上りとフロアまでの距離が過酷だった(笑)いつもの西川さんよりの扉じゃなくておくの扉に誘導されたけどあれはなんでだろう?(笑)なんばHatchっていつもこれが難関(笑)ステージが思ってたより高くて音もバランスよく聞こえて会場自体には大満足ですが。

 昨夜は西川さんのギターに集中するあまり?物語の世界の中に入れ切れなかったけれど今日はまたしっかりと連れて行かれてしまった。今、これを書いてる時点でも若干ストレンジランドから戻れてないような気さえする。いつもライブの始めに田中君が語るMC、物語は続いていく・・・・・。

 横浜では1曲目がSilveradoじゃなくてその後 Silverado 始まりが定番になったんだけどこの曲が早い時間に演奏されてしまう事に自分はちょっともったいないなあなんて思ってた部分もあったけれど(中盤で「夏の逆襲」の後に持ってくるのもいいなあと思ったり)こうやってライブを繰り返し見てきて、やっぱり1曲目はこれしかないなと思うようになった。圧倒的な存在感でこのアルバムの世界に連れて行ってくれる。

 それでもライブが進んでいくうちにミランダのソロあたりから息を詰めるようにして西川さんのギターを聞いてしまう。もう、本当にどうしてこんな色んな事が出来ちゃうんだろう。もう、こんなのやあんなのやこうしてツアーで見れることが本当に楽しい。楽しくもありくたくたにされてしまう(笑)冥王星、今日もテケテケっとやっていて嬉しかった!その後のMCで男のお客さんに「もっとやれー!」や「今すぐやれー!」と突っ込まれる田中君。すぐさま「何でタメ口やねんと」応酬。なんかこういうノリって大阪っぽいなあ。

 その後気持ちを集中させての「おそれ」が凄かった!高野さんと亀ちゃんの方に行ってギター弾く西川さんの背中も好きだ。この曲きっと難しいんだろうなあ。あの亀ちゃんがドラムで入ってくるところもぐっとくる。そして歌われる歌詞にぐちゃぐちゃになりながらのあのギター。今日は後ろのスピーカーに向かって何度も弾いてた。
 「411」の時にしばらくしゃがんで何をしてるんだろうと思ってたんだけど靴紐を結びなおしていたらしい。見たかったな・・・・しかし「411」はどんどん深まってかっこよくなって行ってる。ライブでだからこそ聴ける部分があって毎回違う感じなので楽しすぎる!もっと長くても、もっとぐちゃぐちゃでも、もっとそれぞれがやりまくってもいいじゃないのかと思うし、見たい、でもあんまりやりすぎてもこの曲のクールな感じがなくなっちゅかな。

 やっぱり「夏の逆襲」はやられた。心が震えてしまった。会場中の人はどんな事思いながらどんな風に聞いただろう・・・・。

 そしてその後、怒涛の西川さんのこれでもか攻撃。最強のギターだった。このツアー1かもしれない。VIRUS からSancutuary はもう、勘弁してくださいと思うくらいだった。しかも、涼しい顔で!

 「GRAVEYARD」 も「真昼の子供たち」 も「アナザーワールド 」も「超える 」も全部幸せな気持ちにしてくれた。

 西川さんのことばかり書いているけれどもう、バンド全体が素晴らしくて、なんだろう、こういうバンドって他にない。バインのライブが見れることの幸せ、見続けてきたことの幸せ。田中君のボーカルの力強さ、笑顔にいつも心を打たれる。
セットリスト いつものようにミクシからお借りしました。

Silverado
This town
Suffer The Child
ミランダ(Miranda warning)
ピカロ
Afterwards
冥王星
おそれ
Dry November
411
風の歌
夏の逆襲
ランチェロ'58
Neo Burlesque
VIRUS
Sancutuary
GRAVEYARD
真昼の子供たち

En
アナザーワールド
超える
R&Rニアラズ