冬至とバカ南瓜

 今日は冬至だそうでこれでやっと今日を境に日が長くなっていくんだなと思うと嬉しい。この頃では5時前にもう暗くなったりしてたので。本当のこと言うと日が暮れるのが早くなってきて10月くらいから夕方が恐くて仕方がなかった。毎日と言うことではないけれど。夜になってしまえば全然大丈夫なんだけれど。

 今日は大きな月が東に出ててああこれが昨日なら皆月蝕が見れたんだろうにと思った。携帯で写真を撮ったけれど全然だなあ・・・・この携帯のカメラ機能、夜がまったくダメだ。買い換えるとき全然気づかなかった、後悔・・・・。
 帰りに本屋に寄ってFIGAROを買って帰る。「フィガロの本と映画ベストガイド」年に一度のお楽しみ特集で毎年楽しみにしている。例年に比べてちょっと少ないような気もするけれど。紹介されてる本で買ってあるけれど読んでない本が何冊もあってうわあ・・・・と思った。出番を待ってる本たち。

 この間食べたスープカレーが美味しかったのでうちで作ろうと思い材料を買ってきた。鶏肉、鮭、キャベツ、ナス、卵、南瓜、岩のり・・・・いざ作ろうと思ったら相方さんから電話がかかってきて仕事で帰れなくなったとの事。なんか・・・気合いれてたのに。
 仕方ないのでひとりでカレーうどんを作る事にする。ホウトウみたいに南瓜を入れようと思い立ちいれてみる。     
 しかし・・・南瓜がバカ南瓜だった。ホクホクと甘い味がまったくなかった。かたくて味は瓜のようだった。ああ〜〜〜〜〜腹立たしい!!!!この時期って美味しい南瓜って売ってないんだろうか?この間の南瓜もバカ南瓜だった。水気が多くてべチャべチャで駄目だった。いったいどうすれば外見だけで美味しい南瓜がわかるんだろうか・・・・・。スーパーの人は「味は甘くありません、瓜の味です」とか「煮物に向きません、べちゃべちゃになります」とか書いておいて欲しい(書くわけないけど)

 ふてくされて早々と寝る。ベットのなかで長嶋有さんの「祝福」の続きを読む。トラピストクッキーとか「四角いニカクがまるーくおさめる」だとかもうなんなの!?と嬉しく思いながら長嶋ワールドに誘い込まれて幸せだ。