『After_the_Drive_to_2010 非常階段単行本+原爆スター階段DVD発売記念ライブ』@新宿ロフト

 非常階段を見にロフトへ。JOJO広重さんのブログのファンで、JOJOさん個人のライブは見たことがあったけれど非常階段を見るのは今日が始めて。先日買った非常階段本についていたDVDを見てもびっくりしたし、今日のライブに行くといったら何人かから気をつけてね〜などと言われてしまい少々緊張しながら向かう。
 今日は野音で渋さのライブがあって友達はけっこうそちらに行ってたりして寂しい感じだったのだけれど、ツイッターで知りあった人に始めてあったり、ブログを読んでくれてる方と話したり、西山さんもいたし、思いがけず友達もやってきたりでとても楽しい夜になった。そしてライブ前にJOJOさんご本人とちょこっとお話させていただいたり感動しました。

 今日出るバンドを殆ど知らないと言う状態で参加。どのバンドも年季の入った重厚な何かを感じさせられた。Subvert Blazeはど真ん中、それもステージ前方にドラムセットが組まれていてギターとベースとほぼ真横一列という感じで演奏。全然知識がなくてどう表現すればよいのかわからないんだけどハードロック?なのかな。それでいてちょっとブルースも感じさせるような濃い空気があった。でもすぱっとしている。

 二組目は穂高さん、JOJOさん、吉田さんの演奏。穂高さんを見るのはこの間の原美術館に続いて2回目。JOJOさんの歌と穂高さんの歌を演奏。原美術館でかんじたあの緑の芝生と蝉の声の中での世界とはまた違ったけれど、今日もとても素敵だった。穂高さんの美しい声とJOJOさんの熱い歌声のコントラストが本当に沁み込んでくる。最後「いつか」と言う曲を原美術館にこれなかった西山さんに捧げますといわれて演奏。西山さん嬉しかったんじゃないかなあ。JOJOさんの歌も良かったけれどあのギターの音も凄く良かった!ため息が出ます。

 NON BAND、すごく懐かしい感じだった。まさに自分達の時代の音って言うのか・・・・なんで知らなかったんだろう。ニューウエイブ!なんか・・・・音源欲しいなあ〜調べてみよう!ある時期昔聞いてたニューウエイブが時代遅れなような気がして封印してたけど、また、今まさにニューウエイブきてるんじゃないかなあ〜などと思うのです。 

 コンクリーツ。演奏がはじまってちょっとポカンとしてしまいました。どう受け止めればよいかわからず(笑)なんか物凄い異次元ワールドに連れて行ってもらった感じ。なんかこの間まで見てた「熱海の捜査官」の世界とリンクしちゃっていつの時代かわからない迷宮に迷い込んだようだった。

 そして最後、非常階段。後ろで見ようかな〜と思いつつライブが始まるとやっぱり前に行ってしまった。でも恐る恐る端っこで。おかげで美川さんがまったく見えなかった。 凄いノイズの洪水なんだけど何故か頭の中はすっきりとする。今日実際に見てあらためてそう思った、不思議です。でもJOJOさんの激しいパフォーマンスにはおおっ!と気持ちが高揚して楽しくなる。たびたびあげられるJOJOさんの手がなにかアンテナのようにノイズを自在に動かしているかのように見えたり。ノイズの楽しみ方が良くわからないけれどとにかく非常階段はスカッとした快感のようなものを感じさせてくれた。多分、眼をとじて音に集中すれば自分の中のものと向き合う事になると思うんだけどとにかくステージ上で繰り広げられる動きに眼を奪われてると楽しくて笑顔になってしまったりした。
 JOJOさんがギターをお客さんに振りおろしたり(ちゃんと加減されてたけど)最後コサカイさんが自分の機材の乗ったテーブルにダイブしたりして本当に楽しかったな。

 次回は東大で非常階段見るんだけどきっとこちらは本当に危険かもなあ・・・と思ったりします。こんどこそどこで見ようかな。

 ライブ後、ちょっとわけがあって朝の4時までロフトにいたのですが、とにかくロフトの若いスタッフの方たちの応対が素晴らしくてもう本当に感謝です。感激しました。西山さんもありがとう、バイト大丈夫だったかなあ・・・・。

Subvert Blaze(from Osaka)/穂高亜希子+吉田悠樹JOJO広重/コンクリーツ/非常階段/NON BAND