『Exotic Inquiry』@六本木スーパーデラックス

 このところちょっと気持ちが落ち込んでいた。それで東京に出かけていくのが少ししんどく思えたりした。おまけに出かける30分くらい前から胃がきりきり痛み出したりして・・・・。でもまえから楽しみにしていた山本精一さんの出るライブなのでがんばって行く。

 バスでお昼過ぎに池袋に着いて一旦国分寺へ荷物を置きに。少しやすませてもらったら気分も良くなってきた。六本木のいつものファミレスで友達と待ち合わせてから会場へ。

 本日のライブは

『Exotic Inquiry』
坪口昌恭(ピアノ他)、山本精一(ベース)、ハン・ベニンク(ドラムス)
灰野敬二(ヴォーカル、パーカッション)、ハン・ベニンク(ドラムス)

ハン・ベニンクさんの来日公演 DAY 3である。会場はどんどんみるみる間に人でいっぱいになり立ち見の人もかなりいたんじゃないでしょうか。勉強不足で実はハン・ベニンクさんのことを知らなかった自分(汗)

 まずは第一部?ハン・ベニンクさんがひとりで現われて演奏を始める。そのドラミングの素晴らしさに一気に引き込まれる。いろんな叩き方があり、自由自在の感じでありながらリズミカル。そしてとても楽しそう!音が飛び跳ねている〜!途中の通訳を通してのMCはちょっとよくわからなかったけれど(笑)

 そして坪口さん山本さんを迎えてのセッション。音はかなりジャズより?タイトな坪口さんのピアノとハン・ベニンクさんのドラムが熱くてクール!そんな中、山本さんのベースが暴風のようにその中を吹きまくっていたという印象。山本さんのベースがめちゃくちゃかっこよかったよ!がしがし弾いてたな(笑)途中でギターに変えたりしてたけど今日はとにかくベースに引き込まれたという印象。

 休憩を挟んで2部はハン・ベニンクさんと灰野さんのデュオ。いやあ〜もう、演奏始まった途端ぶっ飛んでしまいました。灰野さんがタンバリンを2つ持ち床にはいつくばってこすりつけたり引き上げてうちならしたり。それから次々と色んな楽器?に持ち替えての演奏。演奏と言うかまるで灰野さんの舞踏を見てるようだった。
 デュオでもなく一騎打ちでもなくそれぞれがそれぞれの世界を作り出していてそれが融合しているという様な・・・。最後の方は灰野さんの叫びも入りだけど底にハンさんの笛がかぶさったりしてもう何がなにやらな感じもしたりして(汗)終盤にしきりに何かを探していた灰野さんが印象的でした(笑)

 アンコールの拍手の中ハン・ベニンクさん、坪口さん、山本さんが登場〜山本さんは最初ギターを弾いていたんだけど着替えた灰野さんが登場してギターを持つとすぐさまベースに持ち替えていた。どんどん激しさを増して、どんどんクライマックスに音が激しくなっていくところが凄かった〜!上り詰めたところでハンさんがスティックを投げて終了。灰野さんはだけどもう少しやりたそうだったな。

 ハンさんと握手したりガッツポーズしたりする灰野さんにびっくりでした。

 とにかくものすごく満足なライブでした。皆プロだな〜と思った。そして演奏の熱さに気持ちを持ち上げてもらった。なんか本当にいいなあと思った。

 帰りはまたファミレスにより一杯のんで帰りました。