ROVO@名古屋TOKUZO

昨夜の大阪のライブも良かったけれど、今日のライブもとても良かった。得三は初めて来たんだけど床とかが木で温かい感じ。ステージは若干低めなので後ろだとどうなんだろう…ちょっと見えなかったりするのかな?
しかし、自分はROVOをこういう小さい会場で見るのは初めてだったので最初はちょっと戸惑った部分もあったりしました。勝井さんと山本さんの距離がこんな近いの初めて見たよ。そしてステージとフロアの間もROVOじゃなきゃ山本さんに後ろさがってと言われそうなくらい近かった。
セットリストはだいたい昨夜と同じだったと思います。ハコが小さいのと前で見てたからか最初わーって広がっていく音みたいなのは感じられずどんどん直でぶつかってくる感じがした。だから若干戸惑ったかな。だけどその分、山本さんの音を凄い細部まで聞かせてもらいました。聞くだけじゃなくてメチャメチャ見ちゃった(汗)顔もだけど、もう、その指の動きとか凄い!本当にあまりにも、普段にも増してガン見してしまってスミマセンでした。
山本さんのアクション自体は昨夜より地味だったけれど細かい指の動きとか本当にじっくり見すぎてライブおわった後はちょっとぐったりするくらいに(笑)
後、見てるこちら側にはわからないんだけど、入り方とか音とか違ってたりするのか、芳垣さんや岡部さんがあれ?って感じでニヤリとしたりするのも可笑しかった。あと芳垣さんと原田さんの視線のやりとりやら…。
名古屋のお客さんは比較的おとなしくて、いつもならこの部分で歓声があがるのになと思う所でもあがらなかったりして、自分もいつもならフゥーとか叫んでいる所もちょっと声出せなかったり。
昨日も聞いたメランコリックな曲、やっぱりいいな…頭ぼんやりしてしまったよ。また色んな事ぐるぐる考えてるのに頭ぼんやり。

アンコール、またも山本さんが自分はじまりと言うのを忘れてて、あれ?俺始まり?と勝井さんを見たら、勝井さんがメチャメチャ鋭い視線で「ハア?」って感じで山本さんを見たのでおかしすぎました(笑)

最後、原田さんが壊れててベースを上に持ち上げたり、振り回して投げ落としたり、それをガンガンと踏み付けたり、オオー!っと思ってこっちも興奮してガッと拳をあげたりしちゃいました。

ライブ後は一時間くらい得三で飲んだり食べたり。得三はライブ後、テーブルがセッティングされて朝まで飲めるスペースになるようです。Iさんとその知り合いの方と3人でテーブルを囲む。どの料理もおいしくてもっとのんびり飲んでいたかったなあ。来年は是非泊りにしてゆっくり飲もうと言う話になる(笑)
名古屋駅から高崎行きの夜行バスにて帰宅。

セットリスト。終演後に貼ってあったのをメモ。綴り間違えてるかも。

SPICA SUKHNA FUNK BsAs MELODY 7拍子 CADO アンコールREOM