友人

昨日と打って変わっての曇り空、昨日が今日だったら日焼けもしなかったし、あんなに過酷じゃなかったのにな…。
今日は高校時代の友人ふたりと会う。なんと2年半ぶり。その間に友人のひとりは女の子を出産し、友人のひとりは父親を亡くし、私は義父を亡くした。なんだか確実に時間は経っている…。天王寺近鉄でケーキを買い込み、11時に実家のある駅で友人のひとりと待ち合わせ。 彼女の車でもうひとりの友人の新築の家へ。始めてみる友人の子供は7月で2才。ちょっと熱っぽかったのでずーっとご機嫌ななめだった。そりゃそうだよなあ〜体調悪い所に見知らぬ人がふたりも…。でも子供を片手に抱きながらしゃべるしゃべる(笑)見た目はちょっとあれですが、話してると高校時代と何も変わらない気がする。こうやって2年半ぶりにあってもすっと昔のまましゃべれるのが高校時代の友達だからなんだろう。
しかし、小さい子とふたりきりで一日過ごすと言うのはかなりストレスがたまるみたいで(ご主人は単身赴任。家建てた途端転勤きまったそう)大変だなあと思う。
スパゲティをご馳走になってケーキを食べてお腹いっぱいになったらかえって疲れがどーっと出てしまって夜、ライブに行くのを諦める。PARAが出るイベントを見に行きたかったんだけど…。山本さんの顔を思い浮べつつ、やっぱり何時におわるかわからない長丁場はとても無理と断念して妹宅に帰って横にならせてもらう。
ちょっと眠って夜中に目が覚めて、今度は妹と3時ころまであれこれしゃべる。やんちゃな双子の男の子にどこまで厳しくしかるべきか…余裕をなくしてるんじゃないのか…もっと大らかでいたほうがいいのか…子育ては大変だ。主婦ってけして気楽なんかじゃない。