MO’SOME TONEBENDER 革命的なヴィジョンを世界に提示するツアー@福岡Be-1

バスにて鹿児島から福岡へ移動〜。九州の地理がまったくわかってないので今いったいどのへんを走ってるのかまったくわからんかった。鹿児島から福岡って遠いんですね。山、また山の間を高速は走ってて木を切ってるおじさんが(林業?)一休みしてるのやら自衛隊の車がいっぱい走ってるのやらみながら時に眠って移動。i-Podでヴェルベットアンダーグランド、ビーチボーイズ、そしてバニラスカイのサントラ聞きながら。バニラスカイのサントラ、シガーロスの所で車が高速を下ってく所でぼわーっと気持ちよくなってしまった。
天神で下車してホテルに荷物を預けに。ハコ前を通ったらなんかロゴスでヴィジュアル系のバンドのライブがあるみたいで入り待ち?の黒い人達がいっぱいで驚いた。お昼を食べに地下街にいってブリの山かけ丼と言うのを食べた。満腹になったとたん、なんか眠気と疲労感にどっと襲われてしまいホテルに帰ってのんびりする事に。福岡、寒くってさあ…この九州遠征、あたたかいだろうと春物の上着で来てしまったのは本当誤算だったよ。
なんか体が冷えきってて一眠りしようと思ったのにしばらく眠れなかった。5時過ぎに起きた時はなんか余計に体調悪っ!状態に。中途半端に寝たら頭ぼーっとなるじゃないですか、そんな状態。とにかく頑張って身仕度してホテルを出発。
開場前にタケイブラザーズと母?を目撃しました。福岡って年齢層若干高いと思う。並んでる人見て思った。自分もそっち側だけどね(汗)

開場してステージを見るとタケイさんの横にもう一本マイクスタンド。え?!ロジョー用?と思ったけど高さからサックスようか…と。
百々さん、白シャツでしたね。このツアー初。
Tiger、今日はタケイさん拡声器は自らウ〜ウ〜サイレン音を発してられました。
福岡っていつも全然押されなくてですね、お客さんクールというか、静かに燃えてるって印象が強かったんですが今日は違ってました。Tiger終わるか終わらないかのうちにドーっと一気に押されて、しかも女の子の黄色い叫び声が〜。ふつうの叫び声と違ってキャー!って女の子の絶叫ですよ。お、驚いた。あとべらべらしゃべってる人とか「はやくやれ〜」って野次飛ばしてる人や、どうしたの、福岡?
で、しばらく唖然としてしまい、だけど流されたらたまらんので頑張りましたが、序盤の押しは激しかったなあ。しんどかった。とうとう福岡も東京、大阪状態か〜とほんのちょっぴり思ったり。
でもしょっぱなからモーサムさん達も飛ばしてました。ボルケーノで百々さん、中央に出てきてお尻をくいくいっと(笑)
SUMMER スカ?はやっぱり楽しいから好き。スカなんだけど後半に行くにしたがってゴリゴリにギターを弾いてて、やっぱりそこがモーサム、なんて思ってしまう。
You are 〜ではまた面白い動きがいっぱいでした。キューンと伸びしてギター弾いた後突然ガニマタ風に足を曲げたのを見たときは我慢できなくて笑ってしまった。いや、かっこいいんですよ、かっこいいんだけど面白い、面白いけどかっこいい、って所が百々さん、モーサムの魅力だよなあ〜。
この辺りまでは楽しみながらも鹿児島と比べたら…とかちょっと思ってたんだけど(思いがけず押されたりもしたし)ここからまたぐんぐん入り込んでしまった。
やっぱりペチカとマカロニのギターの音が良くて、気持ち良くてでもちょっとキューっときて。
STOP THE MUSIC、イサムさんが頭上にスティックをあげて大きくまわす所で興奮してしまった。もう、なんかだんだん組み立てられていくと言うか、ある意味こなれてきたと言うか、その手触り感がいいなあと思う(うーん、うまく表現できない)
あの低いマイクはやっぱりサックス用で、だからタケイさんDUMDUM 、今日は正面向いてサックスを吹いてましたね。ちょっとね、あの3人が向き合い気味に様子をみながらの姿が見れなくてちょっと残念だったりも。この、タケイさんのサックスの所の百々さんの揺るめのギターがまた気持ちいい。
ハンソンはあのチカチカ照明が倍増されてた。最強チカチカで、パラパラ漫画のようにコマ送りにステージが見えた。ステージ右から左に動く百々さんの後方、イサムさんのスティクが上、下ってコマ送りに動くのがおおっ!と思った。
GREEN & GOLDでまた気持ちが入り込んでいる時にスタッフがステージ後ろを行ったり来たりしてた。なんかスピーカーが鳴らなくなったらしい。全然気がつかなかったけれど。どうしたんだろう?と思いながらも気持ちが入り込んでいたのでどうでもよくなってしまった。イサムさんの叩きっぷりに圧倒されたり、また足から力が抜けてしまう。
本編最後We are〜もう、気持ちがいっぱいいっぱいになってたから、タケイさんの踊り、、目をつぶってドラム叩くイサムさん、腕を後ろに組んで歌う百々さんを見てるだけで笑ってるのに泣きそうになる。この曲はじめて聞いたのは去年の初夏くらいかと思うけど最初はキラキラしたモーサムにはめずらしい曲、って感じだったのに、あのフジでやった時からどんどんどんどん大事な曲になってきて、このツアーでは毎回泣き笑いしながらノリノリになってると言う…
アンコール、ギター忘れる百々さん。勢いで出てきたのに止まって?な感じになってたのが可笑しかった〜。ときどきやらかします。タケイさんがトランペットで何か吹いてて、百々さんが「本番に弱い」と一言(笑)
そして凡人で百々さんまた大暴れ。今日はステージが広いから動きがいがあるらしく中央で乗り出してギター弾いた後は左にも行ってギター弾き倒してました。
3人とも全力を使い果たした感があった。ツアー一週間の披露を吹っ切るような…本当にいつも全力だなと思う。だから再度アンコールを求める拍手にも今日はどうかなって思ったし、なくても全然満足だったけどタケイさんが出てきてくれましたね。「小学生にも負ける体力しか残ってません。」と言うタケイさんにフロアから歌って!歌って!の声が。ちょっと照れ臭そうにでも何かの歌のワンフレーズを歌ってくれたタケイさん。もー、なんだか温かい!兄貴だぜっ!って思った。
他にも色々残像が残ってるはずなんだけど(細かく震わせてた指先やら、ネックの上の方を思わせ振りにキラーンと弾くのや、ペグまわして弦緩ませて弾いてなかったっけ?で、チューニング狂い気味のままガシガシいっちゃったのってなかったかな…うろ覚え…福岡じゃないかも…)しっかり思い出せない。でも終わってやっぱりまたやられちゃったなあ。


Tiger
ボルケーノラブ
ダミアン
ロッキンルーラ
ビートルバーナー
慈・善・事・業
SUMMER スカ?
You are Rock’ n Roll
JACK THE TRIPPER
秘密にしようよ
ペチカ
マカロニ
HigH
STOP THE MUSIC
DUMDUM PARTY
hang song
奇跡の歌
GREEN & GOLD
Have you ever seen the stars?

We are Lucky friends


アンコール
未来は今
凡人のロックンロール


友達と飲みに行く。やっぱりラーメン食べたいからと先に頼む。そうしたらチヂミとかお腹いっぱいななって食べるのか苦しかった。ただ移動してライブいってなだけなんだけど体はつかれていて、でもちっとも痩せないんだよなあ…。
楽しみにしていたツアーも5本終わってしまってちょっびり切ない。特に四国、九州は楽しみにしてたから。明日は一回長野に帰ります。