GRAPEVINE@長野JUNKBOX

楽しみにしていた地元、長野でのバインちゃん終わっちゃったよ〜。5年ぶりとか言ってたような…まあもう長野なんて来ないだろうなと思ってたので今回決まったときはそうとう嬉しかった、しかもクラブサーキットの初日なんて!
今回のクラブサーキット、あれやこれやで参加出来る場所が少なくて…いつも妹と行ってた大阪も今回行けないし…そして東京のチケ取りは本当に苦労したなあ…。
比較的番号良かったから2列目(もちろん定位置ですよ)で見る。でもジャンクはステージが低いので手元足元全部と言うわけにはいかなかったけど、西川さんの立つ位置によって足元やら手元やら(西川さんだけかい!)見えたので大満足、し、しかもこの近さ。
今日のお召物はグレー地に細いラメストライプのシャツでした。髪の毛もさっぱりとして落ち着いてたなあ。そして〜胸元の黒子がばっちり見えてしまって、ああ…西川さん…とひとりでワラワラしてしまった(汗)
SEから歓声、ざわざわと沸き立ったところで西川さんのギターが小さく鳴ったような…そして田中君の第一声で壁の星とわかる。壁の星で始まるなんてちょっと意外だった、そしてもう空気はバイン色に。
しかし私は西川さんに釘づけだった。たぶんご機嫌さん、最初からこう…なんというのか…やられちゃいました。あんな表情見せられたらねえ。壁の星のあのガガガガガとギター掻き鳴らすところでキター!と悶絶。
そして、はっと気付くとそんなバカ顔を田中君に見られてた…。田中君、また今日もお客さんの顔を確認するようにきっちり見回していたなあ。
スロウのコーラスで田中君がのばさずに西川さん一人声になってしまい、ええ?!って顔したのが可笑しかった。前にいた人達がいっせいに笑ってたのも可笑しかったです。
嬉しかったのは「小さい女も大きい女も」と田中君が言ってはじめたリトルガールトリートメント。ああ〜大好きな西川曲!こういう曲が聞けるのがクラブサーキットの嬉しい所。本当はもっと地味で渋い曲ばかりで攻めてくるのかな?と思ってたんだけど今回のクラブサーキットはけっこうバラエティにとんでたと思います。けっこう聞き込みすぎてきた曲が多いから新鮮味とかはないんだけど曲毎にそれを聞いていた時の空気感とかが甦ってきた。いや〜なんで今25やるのかびっくりしたけど、ブリッツでこの曲で田中君とリーダーがじたばた大暴れしてたことや(笑)、Here、長野でやった時はリーダーがいたんだよなとか…ちょっときゅんとなりながら今のバインを見た。
新曲達はどれもすばらしいですね。丁寧に歌われるエピゴーネンもきれいだったなあ。
そして3番目にやった新曲が恐ろしくかっこよかった!最初カバー?と思ったら途中で日本語が聞こえてきたので新曲とわかった。最近感じるんだけどちょっとアメリカンな乾いた感じ。こういう感じはこの年数を重ねてきたからこその音のような気がする。この曲を聞きながらまたなんかどうにもならない気持ちが沸き上がってきて、もう自分でなんなんだ?激しく音楽に何を求めてるんだ?こうやってライブにきてある瞬間にこういう状況に陥ってしまう自分てどうなんだ?とか思った。というか、それぐらい抑制効かなくなるくらいのかっこよい曲です。
そこからB.D.Sにかわっての解放感〜。KINGDOM COMEをこんな真近で見れる事の幸せ。金やんベースかっこよかったなあ。FLYはやっぱりライブで聞くともう全然迫力が違うなあと思った。どの曲もだけどやっぱり生っていいなあ。ひとつひとつの曲の西川さんの音をたしかめて聞くのもやっぱり生の楽しみだったりします。今日は初日と言うこともあり、細かいミスとか…そのあっ、て後の西川さんの表情がまた面白いんですよね(笑)本当にいろんな表情に魅了された日でした、舌だしてたり、突然にや〜っと笑ってみたり)あとだらり〜としたり、かっと足ひらいたり、ぴたり動きをとめたりのしぐさもやっぱり西川さんだ〜と。
アンコール、Pacesはふーっとため息。もう、今の季節にぴったりな曲だよなあ。そしてなぜか予想できてしまった覚醒。この時だけ亀ちゃんを見ちゃいました(汗)高野さんは西川さんで隠れてまったく見えなかった。どの曲でギター弾いてたかとか全然わからなかった。

本当に次のツアー、長野に来てくれるといいな…と淡い希望。


壁の星
Tiny dogs
スロウ
discord
Our Song
リトルガールトリートメント
大脳機能日
25
エピゴーネン
新曲
Here
ぼくらなら
スレドニバシュター
新曲
B.D.S
その未来
KINGDOM COME
FLY

アンコール
Paces
覚醒