ROVO@心斎橋BIGCAT

めちゃくちゃ寝た、昼の一時過ぎまで寝た。昨夜は京都から実家の奈良に帰って、普段は食べれないすき焼きをたらふく食べて寝た。
実家で気が抜けてたっぷり眠ってしまった。母親が写真が趣味で、なんかそういうサークルやってて今度モロッコにそのサークルが行くんだけどどう思う?って相談される。12日間父親をひとりにするのが気詰まりらしい。うーん、それは父親しだいですかね?今でも4.5日なら出かけてるんだし大丈夫なんじゃ?ってか私はあんまアドバイスできる立場じゃないんで…(汗)だけどモロッコって…。
まあそんなで日頃の疲れ一気に回復、昨夜までのライブ疲れも回復。ああ…でも昨夜の西部講堂思い出すとにんまりにんまりしてしまう…今日も楽しみでしかたない、ブラボー♪

開場待ちの時、昨日、おとといお見かけした方とちょこっと話す。今回のROVOツアー全部行かれるみたいで裏山です。はあ…仙台も行きたい。しかもモーサム仙台の日、そのままハシゴしたいけど微妙に会場離れてるしやっぱ体力的に無理なんじゃ…あと帰りとかあれこれ考えるとやっぱ無理なんじゃ…。

今日はゲストのGOMAさんから。ステージ中央にディジュリデウがバーンとセッティングされてた。あとマックとか。最初は木のやつじゃないので演奏してた。(詳しくないからちゃんと書けない、すみません)
だんだん、体を動かされて行く、なんかよい感じになった所で合図とともにROVOのメンバーがステージに。そしてセッションしてくれた。GOMAさんを中心にそれぞれが自由に音を出してる感じで良かった。山本さんは椅子に腰掛けて自由に弾いてた。ちょっとなんか目線が低かったんで緊張した(汗)ちょっと贅沢な時間。
セッションの後、GOMAさんのセットを片付けていよいよROVOの演奏。山本さんの椅子も片付けられました。
曲は昨夜の西部講堂とほぼ同じかな?もうね、ありえないくらいワクワクしてたのに…。GOMAさんの終盤あたりから前に繰り出してきた男女4人組の集団がうるさすぎ。曲が盛り上がって叫んだりするのはいいんだけど(自分もやるし)私語が多すぎ!じっくり聞きたいのに勘弁して欲しかったよ…もう少しで静かにしてと言いそうだったけどROVOの客にはそういうのよくいるし、嫌なムードになるのも嫌だったのでひたすら我慢した。
それで序盤、いささか気分が削がれてしまったのがもったいない。でも途中からはどっぷりと浸りこんでいました。そんな外野のざわめきも吹き飛んでしまったな…。
今日の精一さん、昨夜に比べたらいささか押さえ気味だったような。押さえながらもかっちりと。会場見たり、上の空間見たり、目を閉じてたり、そんな表情を今日はひたすら見てしまった(汗)Condor、2部の勝井さんのヴァイオリンが攻撃的でかっこいいなと思った。2部、凄いスリリングに感じてしまって良かった。3部、昨夜の気持ち良さだけじゃなくて序盤、なんだか切なさみたいなよくわからない感情がこみあげて来たのは何故だろう。なんか気持ちに迫ってくる物があった。でも速度が早くなっていくにつれてやっぱり解放感に包まれる。そして踊りまくる。
転調の後爆発!あの最後の山本さんの登り詰めるギターの音に感情もヒートアップたまらないです!

アンコール、勝井さんが「新曲やります」って言った後、山本さんが「来年大阪でイベントやります。でも場所がないんだなあ」って言ってた。イベントって何?ROVO主催の野外か何かかなあ。めちゃくちゃ楽しみ!
新曲、やっぱりかっこいい!もうこれは山本さんを大満喫曲。ロックでファンクでちょっとアフリカっぽい部分あったり、なんか突き上げられる感じ。それでいてきっかりしてたり。ある意味ROVOっぽくないのかな。山本さんが中心になってるっぽい気がする。
最後ギターをはずして後ろを向いて、今日は本当に指揮者でしたね〜両手あげて(笑)そしてぴたりと終わる所もかっこよいよ!で、やっぱりすすっとひけてく姿がかっこいい!この曲、今度聞くときはどうなってるんだろう。
まだまだいっぱい色んな所見たり、感じたりしたはずなんだけどもう思い出せない。贅沢すぎな3日間でした。