P-hour前夜祭@UrBANGUILD

朝、10時にヨラテンゴのチケットを取ってから自宅を出発。天気予報では晴れのはずだったんだけどなんだか空はどんよりしてるなあ…昨日までの秋晴れは何処へ?
2週間ぶりの京都です、そしてまた西部講堂へ。今日はその前夜祭、本当はタクタク行くはずだったんだけど今日の面子見たら思わず予約入れちゃったという…。
ハコに着いたらもうすでに階段のところに人がならんでてちょっとあせる。で、開場したらどんどん人が増えてけっこうキュウキュウな感じだった。なんか…暑くてですね〜わりとステージ近くにいたからかもしれないけど人の多さで冷房きいてなかったんじゃないかな…。

★FLUID
トップバッターFLUID、ストイックで緻密、でも攻撃的な感じだった。まわりの人達の反応がちょっといまひとつなのが気になったが、かっこよかった〜あのポロシャツはオソロなの?

山本精一bikke
今日の精一さん冗舌だったなあ…なんか面白い事いっぱい言ってたんだけど思い出せない〜スミマセン。bikkeと二人、いろんな曲をやる、今日はフォークです、と言ってた。山本さんのなぞなぞから「B1のシャケ」とかbikkeの曲とかジョニミッチェルの曲とかあと、バンド名忘れましたが「ドリフター」って曲とか(ソフトロックですって言ってた)。このドリフターって曲について色々語ってて「日常生活の中でふとどこかに行ってしまいたい、男にはそんな時があるんです」なんてぶつぶつ語ったりして可笑しかった。bikkeさんに間違ってる!とか突っ込み入れたり(笑)ギターの音が大きすぎるってお客さんに、「そこどうですか?」と次々指差したり(笑)なんか手のひらゆらゆらさせていきなり「ワイングラス…」って言ったあと「何いうてんねん俺は」って自分で突っ込み入れたり、とにかく可笑しすぎでした。
演奏は「あんだけ練習したのに」って山本さんが言ってたとおり、ちょっと危うい部分も(汗)多々ありましたが、でも山本さんの歌声が聞けて大満足です。

勝井祐二鈴木祥子
山本さんの危うい演奏の後だったから、もう、何というかめちゃめちゃうまい!とか思ってしまった(笑い)鈴木祥子さん、生で見るのは初めてだけど素晴らしいです。20年前くらい好きでアルバムけっこう持ってたけど新作買ってみたくなった。
彼女のピアノと声と、そして勝井さんのヴァイオリンが交ざり会ってなんとも言えない素敵さ。勝井さんがすぐ目の前で勝井さんの指の裏まで見えたよ。いったいどこからあの音が…とじっと見てもよくわからなかった。
曲はこちらもジョニミッチェルの曲、鈴木さんの新譜から、そしてスーパーカーのPLANET。ちょっと心が震えた。鈴木さんの声に頭の中でナカコーの声重ねたりして…。そして圧倒されたのが最後大友さんを交えての「竹田子守歌」ゆっくり丁寧に歌う鈴木さんの隣でノイジーな音を出し続ける大友さんと勝井さん、その対比が良かったです。

カヒミ・カリィ大友良英
大友さん、今度はアコギに持ちかえてカヒミ・カリィとふたりで。カヒミ・カリィ、きれいだなあ〜とつい見とれてしまった、しかもこんなに暑いのに涼やかだった。フランス語って語るだけでも美しい。曲は今度出る新譜からが多かったのかな?(カヒミちゃん、詳しくないですスミマセン)あとONJOの曲とか…。Phewさんバージョンのが聞いてみたい。
この時が一番体力的にきつかったです、人口密度も高かったんじゃないかなあ…暑さと疲労でちょっともうろうとしました(体力ないなあ〜)

大友良英ナスノミツル+堀越大二郎+芳垣安洋山本精一
この時点でもうだいぶん遅くなってたので人がちょっと減った。なんか空気が増えた気がする(笑)もうね〜でもこのセッションが恐ろしくかっこよくて素晴らしかったので帰った人はもったいなかったと思います。
いや、でも、約一名おかしな人がいましたが…(笑)
山本さんて最初からこのセッションのメンバーだったのかなあ?(怪)セッティングの時からサングラス姿でピアノをいじくる山本さん、大友さんが含み笑い。で、いざ演奏が始まると山本さん大暴走〜!ピアノの鍵盤を叩きつける、叩きつける!足で弾いたり、な、なんと顔で弾いてた(笑)その後もジャンプして弾いたり、その後マイクを握り締め怪しいスクリームを何回も繰り返す山本さん、終盤なんて楽屋はいったり出たりしながらスクリーム。ちょっと酔ってますか?なんかオヤジコドモ全開だった〜(笑)
そんな山本さんに含み笑いしながらもかっこいい演奏を続ける大友さん、ナスノさん。芳垣さんは始終クールな表情、だけど顔が紅潮してた。山本さんの動きに最初は目を奪われてたんだけど、だんだんそれよりも個々の演奏のすごさに圧倒されてしまった。芳垣さんのドラムって凄すぎるなあ…。あと大友さんのギターもかっこよかった!大友ギターに惚れました。そして中央のナスノさんがベースラインをチェンジしながら曲を動かしていってる。そのナスノさんのベースがどんどん激しくなってそれに呼応するように右から左から音が入ってきて、もうたまらをくなりました!最後、かなりノリノリに体動かしてしまった。
アンコール、ひょろひょろマイク握って歌おうとする精一さん、なんかカラクリテレビの替え歌コーナー思い出しちゃったよ(汗)いや、でも大満足な前夜祭でした。
ふと時計を見ると11時半をすぎている!マジでホテルのある四条に行く最終乗り逃がすところでしたよ。四条について地上にでたら疲労が一気にやってきた。そこの固いブーツで長時間立ってたせいか足の裏がありえなく痛いです。明日の本番がちょっと不安、スニーカーはいてくればよかった…。