その後の関西滞在

Phewさんのライブの日は実家の奈良に泊まった。妹が実家の近くで月二回程、陶芸をやっててそれが日曜の午前中なので子連れで実家に泊まるため。しかたなしに私も実家とまり。先日祖母の25回忌を途中でトンズラしたのにまた実家に帰るのが気が引けたけどしかたない。なるべーく父と視線をあわさぬように頑張った。まあ何しに来てるんや?とは聞かれずにすんだけど。とにかく昔の頑固オヤジのトラウマがこの歳になっても消えない。マニュキュアすると怒られるので実家行くときは絶対ぬらないし…。

翌日は妹宅に泊り。夕方妹と甥っ子と吉本見に行った。オロナミンでただ券が当たったから見ようよと誘われ。なんば花月に行くなんて何年ぶりだろう〜。かなりやばいけど昔の漫才ブームの時に見に行った。紳竜とか…。死んじゃったなあ…。
最近の若手吉本芸人が見れると思ったら違ってた。わりと年配向けだったかなあ。まるむし商店、カウスボタン、笑福亭仁角、コメディNo1、そして最後に吉本新喜劇。新喜劇はやっぱり面白かった。関西の子は土曜午後にこれを見てそだってきてるからなあ。

夜は妹とうつらうつらしながら色々話す。なんの気兼ねもなく色々話せる唯一の存在かも。
そして本当なら翌日はキャロさんを見に神戸に行くはずだったのですが…。どーしても帰らねばならない用事ができて帰りました…。
 ん〜本当にウエノコウジを見ていない。今回のツア、見れるのは名古屋とロフトだけかも…。