グレイプバイン@渋谷AX

行ってきた〜。いや、正式にはジャパンサーキットですが。AXに着いたのは開場30分前くらいだったのにそんなに人いなくて、おまけにAXの正面に変な巨大な車のオブジェがあったりして、もしかして会場間違えたか?!とあわててチケットを確認してしまった。

最初に山崎洋一郎が出てきて挨拶、びみょーな髪型だなぁ。新米編集長の…とか言ってたけどまたジャパンの方に戻ったの?ざざっと出順を紹介、モッシュダイブの禁止とか…なんか小学生に注意する先生みたいだー。
出演順は以下のとおり。NICO Touches the Walls
音速ライン
スネオヘアー
GRAPEVINE

ジャパンが激プッシュするバンドに全然心動かされない私はおかしいのだろうか…。やっぱり世代の違い??感じたのはなんだかとてもクリーンで優等生なロック。汚さやいかがわしさやそんな物が全然ないなあ。これは個人的な感想なんですみません。
スネオヘアー、初めて見たんだけど、え?あれ!って。なんとドラムがブッチャーズの小松っちゃんだったのでびっくり。前からいたのかなあ…。おかげてスネオさんは殆ど見ないで小松っちゃんのドラムさばきを集中して見てしまう。スネオさんはMCが面白かったなあ〜。Jポップを舐めんなよ!

で、やっとこトリのバインちゃん。あー長かったよ〜やっぱ4バンドはきついよ〜。一バンド思ったより短かったけど、でもねえ〜バインが始まる時点でちょっとお疲れ気味。
番号はめちゃめちゃ悪くて(ジャパンの先行でとったのに)はたしてどうだろうと思ったけどほぼいつもの定位置へ。ちっちゃい女の子ばかりだったので視界すこぶる良好。場所も端の方だったから殆ど押されずにすみました。
ちょこっと心配な事もあったりで、どうだろう?と思ったけど皆いつもどおりの表情だったのでほっとした。田中くん赤シャツかよ〜。しかもワイン色とかじゃなくドアカ!だった。ストライプ入ってたけど。そしてその横の西川さんは…
定番?グレーにラメストライプのシャツ。
やっぱ、これ系が好きなのだろうか?好きなんだろうね、きっと落ち着くんだろうなあ。ちょこっとだけ開いた首もとや、フワーっと広がった後ろの裾や、まあ見とれてしまうんですが(汗)そして今日は田中くんを見たのは最初くらいでずーっと西川さんを見ておりました(笑)だってさあ〜ひさしぶりなんだもん。 散髪してなかったなあ…モサモサ度最高潮〜なんか女の子くらい伸びてたよ。でもライトに照らされて艶々してた。
あー、なんか最初から完全なる西川オタクですみません。

そして一曲目、何でくるかと思ったら、Everyman〜。えっ!いきなり?とちょっと思った(笑)ライブ、序盤、なんだかギターの音がいまひとつ小さいような気がして、しかも西川さん、アンプのとこいっていじったり、袖にいるスタッフに指示出したり、なんだか落ち着かない様子。その落ち着かなさにこちらもちょっと落ち着かなくて、2曲目くらいまであんまり入り込めなかったなあ。
そして白日。横にいたお姉さんがいきなりジャンプしてタテノリ。白日の途中くらいからギターの音が安定してきたのでほっとする。
横ノリで(?)って田中君の一言からポリゴンに。スペースがあったのでウネウネと踊りましたよ〜。そしてコーラスも堪能。思い出したように背伸び気味にコーラス!(笑)そう言えば、今日は西川さん、口を半開き度がすさまじかったです。序盤は特に口があいてた…あれは無意識?
ポリゴンの後に聞き慣れない音。新曲!?と胸踊る。新曲かと思うけど何やら歌詞が英語?カバーかな?どちらかわからないけど、かっこよい!燻し銀なロック、って感じの曲。こういうの好きでしょ?ってにやっとする感じ。どこかにこういう空気があるからバインて好きだ。ちょっと大人。
で、それに続いてのKING DOM COME。まあツアーに比べたら短いと思うんだけどこういうイベントでもってくる所がやっぱりバインだよなあ〜。ギターソロのアレンジがちょい変わってました。(毎回違うかもしれないけど)ふら〜っとなりながらも、何時までやってくれてもいいよーと思う。西川さんのソロなら2時間くらいやってくれてもいいや。で、ぐちゃぐちゃになった所を一度見てみたいもんです。
続く新曲は田中くんのガガッてギターで始まるんだけど西川ギター祭りな曲です。あ〜たっぷり魅了された。明日も聞けると思うとワクワクします。もう、西川さんにとったらどうだっ!って曲です(笑)
Goobye my worldは自分の中で今日一番の山場だったなあ。バンドの音がいい感じで一番出てたと思う。田中くんの熱唱もよかったし。しかし…それなのに…それなのに…あの大好きな音階上がっていく所で西川さん音をはずされました〜。あっ!やっちゃったよ〜。本人もやばって顔をしてその後苦笑い。(その顔に興奮する私はやばいですか?)次の音階上がる時にすっごい丁寧にやっててちょっと笑った。でもガーッと盛り上がる所の迫力と集中力は凄かった。ちょっと圧倒された。
GRAVEYARDで本編を終わって深々とおじきする姿がまたよかったなあ。アンコールで出てきたとき何やら紙コップ片手に。時々思うんだけど、スタッフさんにギターをかけてもらってる様子がなんだか服を着せてもらってる子供みたいで笑える。なんかひとりでごそごそ弾いてるなあと思ったら放浪フリークのイントロ部分だった、すみません(笑)
ふんわり爽やかに終わってしまったなあ〜と言うのが今日の印象。新曲とかKING DOM COMEとか聞きどころあったんだけど、ぐっと集中度が自分に足りなかった〜!明日はもっと深く集中します。

Everyman everywhere
その未来
白日
ポリゴンのクライスト
新曲?カバー?
KING DOM COME
新曲
Goobye my world
GRAVEYARD

アンコール
放浪フリーク