モーサムトーンベンダー@名古屋クラブクアトロ

 本日は早めに名古屋にいってゆっくりしたかったので早めの電車で行く事にしたのだけど、いつもの事ながら出かける前にやたら忙しくなってぎりぎりになり焦った〜。案の定nanoちゃん充電したはいいが肝心のヘッドホン忘れる。意味ないじゃん〜

 ホテルに荷物を預けてクアトロへ〜。モー仲間の皆さんと昼食〜。コロッケ&豆腐ハンバーグ、けっこう満腹に。その後、例のクアトロ前の映画館のカフェでまったりする。ああこれだから名古屋クアトロは好きなんだよなあ〜。

 今日の出順、最初はブッチャーズかな?と思ってたら聞こえてきたリハの音はバリバリのモーサムの音!やった〜トップバッターだ!しかもその音がすんごい音でやる気モード全開!
 して、聞こえてきたのはな、な、なんとレイクサイドではないですか〜?!一瞬耳を疑うもその後奇声をあげてしまう。他にも、カムや、黒になれがっ…。最初あまりの百々さんの絶叫に「も、もしや新曲!!」と疑ったが黒になれでした。でも新曲と見間違うくらいの絶叫度だったんですよ〜。リハでこんな声張り上げていいの?ってくらいに。リハでけでこんなに興奮しちゃってやばいなあ〜。

 開場〜。今日はなんだか客が少ない!けっこう豪華な組み合わせだと思うんだけど名古屋人、イベントだと人繰り出さないのか???後ろにはテーブルも出てたし。多分東京でやればけっこう人入ると思うんだけどなあ?この間のツアーの混み具合は何?
 そんな元の状態の名古屋だったので開演までほぼぺったり床に座っておりました。SEが変わっててノイズっぽい不穏な感じ。でもちょっとシュバシュバって高まるノイズにディズニーランドのスペースマウンテンの落ちる瞬間を思い出しました(笑)あの光にピカーっと包まれるところね。
 で、あらわれた3人、百々さんの姿をみて軽く興奮。ステージの袖にうろうろするメンバーの姿がちょこっと見えててその時例のロッキンルーラPVで着てた黒長袖Tが見えたんだけど(別名モジモジ君)ライブでは黒か白シャツに着替えて出てくるもんばかりだと思っていたので。なんか・・・まあ・・・・かっこいい。
 序盤は激しいのから来ると思ってたのでGREEN & GOLD のイントロがなったときにはちょっと驚いた。前髪で右目しか見えない鬼太郎状態の百々さん。その瞳が輝いてたなあ。いつもなら中盤から終盤に来るこの曲、そこで本当に感極まるんだけど、今日はこの最初に持ってきてくれた事が嬉しかった。体中の細胞が少しずつ目覚めてきて嬉しがってる。元気のなかった花に水をあたえられたように。このモーサムの音の中にいることの喜び。ここがやっぱり今居る場所だなあ〜と思わされて。(独りよがりな感情なのですが)
 ふう〜っと蘇った所でLAKE SIDE 。もうっ!もうっ!こういうのを待っておりました!ツアーじゃないからこそこういう自由な曲がやれるんだもん〜。モーサムのイントロ曲はやっぱりゾクゾクするほどかっこいい!たとえようもない緊張感と気合のぶつかり合い!
 そしてそのまま黒になれ 。多分この曲最近ライブでは殆ど演奏してないはず。その曲を今持ってくること、しかもこの百々さんの絶叫。何か、何かはわからないけど彼らの意思のようなものが感じられる。昔の曲であっても、なにかまた新しい道にはいって行こうとしてる。もうそうなったらこっちはそのまま導かれていくだけだ。ああ・・・なんかそれを思うとゾクゾクする。

 その後ボルケーノでバッと火をつけてカムで足元をすくわれる。一筋縄では行かないセットリスト。激しくリズムを刻んで身体を揺らしてしまう。嬉しい、楽しいだけじゃないこの感じが好きだ。
 今日のモーサムは、今日の百々さんは、とにかく男っぽかった〜。バイバイツアーの名古屋のあの、エロモード全開の対極な感じ。もちろんあのギターをこれでもかと向けたり、足元クネクネのエロモードもたまりませんが、今日の力強い男っぽい感じもかっこよかった。男気と言っても初期のあの無骨な感じじゃなくてなんだかびしっと深いところに一本線が通ってるような感じで潔い。そして潔いけどブラックな感じで。

 ダミアンではじめてイサムさんの変な顔を見た(笑)いつもやってるらしいけど、別の人見てるから今まで気がつかなかったんだよ〜。白目が・・・・・やば〜い感じ。ちょっと半笑いになってしまった。

 
 BIG-Sはやっぱりかっこよかった〜。やっぱりあのスライドギターにはやられます。なんかもうガシガシっとすすんでいってばちかぶれが、えっとなんの曲だっけ?と思った自分はちょっとおかしい。なんかね、この間のツアーまでの自分もお祭り騒ぎな風じゃなくなってることに気づかされた。だからばちかぶれもキャーキャーって感じではなくてなんていうのか・・・・また違った風に感じた。
演奏がおわってちょっと突き放した感じで帰っていったのもまた却ってかっこよかった。それで隣にいた友達に今日は男っぽかったね〜と言ったらまったく同じ事を感じていたので笑ってしまった。うん、今日のモーサムは男っぽかったです。
続くブッチャーズ、ビヨンドは後ろにさがって飲み物をのみながらゆっくり見る。小松っちゃんのドラムはやっぱり素晴らしいな〜。ひさびさのブッチャーズ、音がフロアいっぱいに広がってました。ヒサちゃん、やっぱり凄い音だすなあ〜。ビヨンド、やたらアヒト君のドラムがバラバラと派手に鳴り響いてた。これから全体が交わり会っていくんだろうなあ。ちょっと事情があって最後まで聞けなかったのでぱっと聞いた印象だけど。
今日は日帰りの友達もいたりして飲みはなしでちょっと淋しい。しかも次のライブは6月の終わりと言うことで我慢できるんだろうか…。まあ、どんなものが仕上がってくるのか楽しみにして待ちましょう。

GREEN & GOLD
レイクサイド
黒になれ
ボルケーノ
カム
ロッキンルーラ
ダミアン
BIG-S
ばちかぶれ