戯言スクラップブック

また日記を書き始めました。読んだ本や聴いた音楽など

GOODMAN 12th ANNIV. "abstruct blues 特別版"石橋英子/ 鈴木慶一/山本精一

 ああ〜またもや山本さんのライブ雨か〜と思ったら雨はあがりました。傘使わなかったし、山本さんが雨男と言う疑惑もはれたかな?(笑)と言うことで今日は久々のグットマンです。

 いつものようにバスにて池袋まで。これもいつものようにリブロに潜る。あれやらこれやら欲しい本があり・・・我慢できず買ってしまったもの。
 桐野夏生東京島石田千「踏切みやげ」小島信夫保坂和志「小説修業」チエーホフ「カシタンカ・ねむい」
 なんかザワザワと騒がしいと思ったら料理本をだした榊原郁恵のサイン会をやっていた。本人は見えなかったけど。

 友達から体調が悪いので今日のライブ欠席かものメール。いつも働きすぎなので心配だ。

 秋葉原へ移動〜マックで遅いお昼ご飯。マックじゃなくておいしいもの食べたいなと思うがこういうところで節約しないと・・・・。

 友達と待ち合わせてグットマンへ。グットマンで椅子が出てるの初めて見たよ。トントンと肩を叩かれたので振り返ると来れないかもと言っていた友達。これて良かった〜。後ろの席にも山本さんのライブで知り合った人たちや・・・、前は山本さんのライブと言うと一人で緊張して見に行く事が多かったけど今は一緒に見る人が出来て本当に良かった、楽しいです。(大阪とかはひとりが多いけど・・・)

 さてステージにはピアノが中央に置かれていてトップバッターは石橋英子さん。とてもきれいな声で歌う。すーっと溶けてしまいそうな気分。歌詞はだけどしっかりとしたものだったと思う。

 二番手が山本さんだった。今日の面子からいくと歌もの?と思ったらそうだった。嬉しい。やっぱり山本さんの声が凄い好きだ。
 猫が屋根の上を歩く歌とか「沈黙」それから意外なイントロで始まった「まさお」おもむろに「僕アニメソングやってるんですけど」と言ってはじめてマインドゲームの曲を。ずっとやろうかどうしようかと思ってそっちに気が行ってたとの事(笑)そういいながら題名忘れたとか(笑)
 最後は「空の名前」だった。最初「シェ〜リ〜♪」とか歌うからなにかカバーでも歌うのかと思った。やっぱりムーンライダーズの慶一さんとやるからかな?と思ったけど気のせいかな。

 そしてトリは鈴木慶一さん。こんな近くで慶一さんを見るのは青山さんの「怪しい隣人」でゲストに出られた時とで2回目。ボーダーTにくるぶし丈のパンツ、そしてスニーカーも可愛かったし、靴下が赤?!本当におしゃれだなーと感心してしまう。
 山本さんの時とくらべて1.5倍くらい音が大きいような気がする。存在感?!
 自分が一番聞いてた頃の曲はやらなかったけれど、あ、これ知ってると言う感じの曲をやってくれました。なんだろう〜緩い空気なんだけど物凄く味わいのある感じ。

 そして圧巻だったのがアンコール!期待してたとおり山本さんとやってくれた!はちみつぱいの曲?蝙蝠が歌詞に出てくる曲。慶一さん譜面台を目を細めて見たりする山本さんが可笑しかった。いささか緊張気味?でもコーラスがすごくきれい。曲がちょっぴり重苦しい感じでそれがたまらない!慶一さんのギターソロがまたうわー!!!っとなってしまう感じ。凄い好きな世界。


 終わった後に皆がふうーっと息をついてぼーっとなっていた。石橋さんがはいってもいい感じだろうなと思ったけど、やっぱりそうするとまた違ったふうになっただろうな。今日はこの二人の重苦しい感じがたまらなかったかもしれない。

 帰りは皆で居酒屋へ。またなんだかひとりではしゃいでしゃべりまくってたような気がする。後で考えたら自分が凄く中身のない人間に思えてしまう。 もちろん凄く楽しかったんだけどね。

 また、ちょっとムーンライダーズの音源を集めたいな。とりあえずは自分が大好きだった時代の。持ってるのはレコードだったりカセットテープだったりする。時代が・・・・
ちなみに初めて歌う慶一さんをテレビで見たとき「この人変態だ」って思ったのでした。