豊田道倫@新宿シアターpoo


ソロライブ2daysの二日目。週末だから人が多かった。でも前があいてたから前で見る。
最初にゲストの音楽ライター、一絛和彦氏の話。ロッキンオンやクロスビートに書いてる人らしい。彼が見た豊田さんの話など。
かわってるな〜って思った。世の中にはまだまだかわってる人がいるんだな…。30分くらい?話の終盤、豊田さん、またはパラダイズガラージの世界を色んな画家の人たちの作品にたとえたのが面白かった。
そして豊田さんのソロ。セットリストはたぶんオフィシャルでまた発表になると思うので。
シアターpooの下がお蕎麦屋さんか何かでいつもライブ中に蕎麦か何かゆでる香りがする。今日もした。あと、パトカーの音とか時々街の喧騒の音が聞こえてくる。
今日はなんだか暑い。自分の体がおかしいのかもしれないけど暑くて暑くて耳の後ろで汗が流れたりするのがわかる。そしてちょっとぼーっとしてしまった。ブーツなんて履いてきたから足もなんだか窮屈で暑い。それでいつものようにしっかり豊田さんの曲の世界に集中して入り込めなかったりしてすごく残念。
それでもUFOキャッチャーとかアルバとか胸に染み込んできた。この独特の世界が好きだ。いつも情景を思い浮べながら聞いている。
今日思った事、豊田さんの歌には猫がたくさんでてくるなあ。
なんの曲か忘れたけど弦が切れてそれを曲の途中で素早くかえたのに関心した。
アンコール、今度は立って上着脱いで緑のTシャツ姿で。セーラ服と機関銃の曲やりました。
リクエストは?と問い掛けられても、曲名把握してないし、きのうやった曲かもしれないし(汗)再アンコールは違うTシャツになってた。

今日はゲストがいたからかMCが少なくて残念。おしゃべりも豊田さんの魅力のひとつ。帰りに「夏のツアー2006」のCD-Rを買う。

セットリスト(豊田さんのオフィシャルより)

1/僕は間違っていた
2/サマーソフト
3/NOVEMBER
4/UFOキャッチャー
5/最後のチュ−
6/仕事
7/夏の終わりの頃の明け方の嵐
8/雨のラブホテル
9/ 恋人でもなく友達でもない
10/8.11昼
11/マイ・ラブ
12/雨がやんだ
13/35の夜
14/アルバ
15/人間よさようなら
16/チョコパ
17/カップルシート
18/新開地

〜アンコール〜
セーラー服と機関銃
東京の恋人
メロンパン
悪い夏(1番のvo.星直樹)
DOG DREAM

東京で何してんねん