戯言スクラップブック

また日記を書き始めました。読んだ本や聴いた音楽など

MO'SOME TONEBENDER@大分T.O.P.S

ROCK THE CABARET番外編
mo'some tonebender バイバイ世界ツアー ってチケットに書いてあった。これはもうバイバイ世界ツアーなの?そして協賛が武井病院になっている!

って事でいってきましたよー。終わったらほぼ11時でした。ああー!ここまできて本当によかっです〜。

 大分T.O.P.S、もちろん初めてのハコ、開場して入るとけっこう広い。並んでるとき隣になった人にどのくらいのキャパか聞いたら300〜350って言ってたけど天井が高いせいでしょうか?とてもひろく感じる。そして新しくて綺麗。二階もあったりする。この二階は武井ファミリー席っぽかったけど(笑)

 大分のお客さんはあんまりがっつりしてなかったです…がっつりしてたの自分くらいか?出場バンド仲間や武井ファミリー関係者やDJの人つながりや…そんなお客さんが多かったのかな?客層…ロカビリーな感じの人とかタバコをけだるくふかしてるお姉さんやら(なんか…裏筋系…)、いつものモーサムの客層とちと違ってました。

 しばしDJが曲をまわした後、最初のバンドが登場。ド、ドラム、武井さんにそっくりなんですけど…もしやお兄さん?あとフロアにも関係者のシール貼った武井さんを小柄にしたような方も…あとお父さまらしき方が二階にあがられるのも目撃!なんだかタケイパラレル(笑)
 演奏は…カバー曲が中心なのかな?あまりに…ギターボーカルの方がノイジーに弾かれるのでよーく聞かないとなんの曲やらわからない。WHOとかやってた?大暴れするボーカルの方、ちょっとずれるベースの方、その中で淡々とドラムを叩かれるお兄さん(?)そんな印象でした。

 二バンド目は地元大分のバンド、こちらはしっかりした演奏(汗)ときどきステップが百々さんチックでこれは九州男に共通するステップなのか?とか思ってしまった(笑)えらくながく照明チカチカ時間があったなあ。

 で、また幕が引かれてDJタイム。だんだん気分が盛り上がってきてDJタイムが延々続く気がしてじれったくなってしまった。

 照明が落とされて幕があく。SE変わった?曲名わからないけどクラシックです。あーどうでも良いけどDJの人がバンド名で紹介するのはやっぱり寒くなるのでやめてほしい…。

 そして一曲目、もしかしたら来るかな?と思っていた奇跡のうたが〜!!これがバイバイ世界ツアーと名うってる所以か。百々さんのギターが鳴らされたその瞬間、鳥肌がたちました。その瞬間にさっきまで抱いてた色んないやなものがすっ飛んでいってしまった。ああーやっぱり今年最初の生音がモーサムで幸せだ〜もうこれだけで大分にきて良かった〜なんて一曲目から感慨に浸る。途中から控えめにやさしく入ってくるベースとドラムの音、そして広がっていく音・・・・・。

 そこですかさずidiotへ。なんかとても楽しく聞くことができた。アクセル踏み込む感じ。そして3曲目のボルケーノラブですでにアクセル全開。タケイさんの生笑い。頭振りまくり。Happy Icecleamでステップを踏んで踊って百々さんのギターにこぶしを揚げ、ダミアンでヘッドバンキング、NO WAY CITYでまたも拳を振り上げる。
 怒濤の押せ押せ曲の連打にはあはあと息切れ状態です。ああ、やっぱりこの所ぬるま湯につかってたよ。
 フロアもいい感じに暖まってきてのビートルバーナー、お客さんのノリ、最高潮!やっぱりこの曲、最近のモーサムの代表曲なの?(本当は初期曲だけど)後ろからガンガン容赦なくぶつかってこられたので反撃とかしてしまった(汗)

 態勢とりなおしてRed Guiter C'mon。大好きな曲、百々さんが、さあさあ〜と本当にフロアに向かって言ってるかのよう、ここは見世物小屋さ!ああ、本当に運がいい〜なんて思ってしまう。
 そして、アンハッピー。最近もうライブのアンハッピーと来たら!めちゃめちゃ好きだー!オヤジコーラスの連呼もたまらないけど、あの最後のへんの後がない的切なさがたまらん!どうにもならん、どうにでもして!って叫びたくなる。しかし…百々さん、あわあわあわ〜って(笑)

 そしてペチカで魂ぬかれました…。この辺になると百々さんの声が擦れてきてかなりきつそうだったんだけど(九州三連チャンの後だもんなぁ)歌いこむ姿が芯が通ってて圧倒された。しかしペチカの最後のギターソロはどうしてこんなに凄い音なんでしょうね?いつもいつもダイレクトに体を突き抜けます。ぎゅーっと捕まれて微動だにせずつっ立ったまま聞いてました。
ジャージャジャンジャン〜♪てギターが鳴って気が付いたらイサムさんが物凄い体を仰け反らしてた。顔が見えないくらい。そして
タカタカタカタカッ!!
の後の叫び声とともに始まったHave you 〜泣きたくなった、胸のあたりの固まり捕まれてぎゅうぎゅう捻られて、揺さ振られて。目の前のいつもの風景…百々さんがいて、イサムさんがいて、タケイさんがいて…。その風景がどれだけ自分にとって大事なものかまた気付かされてしまった。いつもいつもこれがあれば他はいらないって思ってしまうんですよね。これって他のバンドにはない事。今日は泣きそうになりながら歌ってしまいました。歌いながら昇天。

 しばらく放心させたままにして欲しいのに畳み掛けるように13。チーンまでじらす、じらす(笑)そしてお楽しみのコーナー!ステージから姿を消したタケイさん。いずこへ?と思いきや、ふと見上げるとなんとファミリーフロアに登場〜!!しばしファミリーフロアで階下のお客さんを煽りながら演奏、そして階段をおりて、フロアで演奏、そこにタケイ兄が横で踊る!またも貴重なものを見せていただきました(笑)しかし見逃してならないのが取り残されたステージの二人。これか〜好き勝手にたまらん演奏をしているのです。これもまた幸せな時間なんですよ。

 ステージに戻ったタケイさん。「お兄ちゃん、俺ロックンローラーに…」のMCをクールにさえぎるように(笑)ロッキンルーラを演奏しはじめる百々さん。ひぇ〜かっこいい!髪の毛にふれてぱっとさせるロッキンルーラ〜♪の部分もきまってたなあ〜あと内股ぎみのステップとかやっぱりたまらない! でもやっぱりこの大分でも一瞬プチオイオイコールが…この曲はそういう運命なのだろうか…。

 本編最後、ばちかぶれ、もちろんアルマジロ〜!と拳をあげちゃいました。めちゃめちゃ頭振ってしまった。そしてば・ち・か・ぶ・れ〜・ぇ〜♪と最後は笑顔で万歳状態(汗)めちゃめちゃ楽しかった!

 アンコール、G&Gはまた微動だにせずじーっとして聞いてました。両隣の人もじっと聴き入ってた。イサムさんのドラム連打!タケイさんの頬に流れる汗、そして後ろからのライトに透き通る百々さんの白いシャツがきれいだった〜。いったい何回、G&Gをライブで聞いたんだろう…いつ聞いても本当に圧倒させられてしまう。
 そういえばタケイさん、アンコールで出てきて「こんなに遅い時間まで悪い子じゃ 」とか言ってました(笑)百々さんは本編中「うさを(うさだか、うっぷんだか晴らしていって)」って言った(笑)本当にすっきりさせていただきました。でもねそれとは別に苦しくなる程感動させてもらいました。

 最後は凡人。気が付いたらタケイさんのシャツのボタンが今まで見たことないくらい開いていた。地元ならでは?の大サービス(笑)そして百々さんは中央に、右へとギターでおお暴れ!ああ、本当に手をのばせば届きそうなくらい。最後の最後の百々さんの壊れっぷりが好きだー!

 楽しかった大分!今年もよいライブはじめが出来ました。またいっそう貧乏になったけど来たかいがありました。2月のツアはどこまで行けるかわからないけど行けるときは行って精一杯楽しむよ。よしまた頑張ろう〜!(さっきまでの鬱々はいづこへ?)
ひとりで宿にかえるも心はぽかぽか。一足先にモー始めをすませた友にメールをしておやすみなさい。

セットリスト
1.奇跡のうた
2.idiot
3.ボルケーノラブ
4.Happy Icecleam
5.ダミアン
6.NO WAY CITY
7.ビートルバーナー
8.Red Guiter C'mon
9.アンハッピーニューエイジ
10.ペチカ
11.Have you ever seen the ster?
12.13Hot Dogs
13.ロッキンルーラ
14.ばちかぶれ

アンコール
G&G
凡人