虚無日

午前中、トールペイント教室。思ったんですけど今、はやりの大人の塗り絵ってあるじゃないですか、自分にとってのトールペイントってそれと同じような物なのかなと思った。いや、真剣にやってる人には申し訳ないですが、才能のない自分にはこうして無心で筆を動かす事こそが気持ちのいい事なんだなあーと気付きました。旨くなろうとか講師の資格取ろうとかまったく思わないし、出来上がった作品にすごい思い入れもないし、ただただこうやってる時間が好きなんだなーと思った。でも家でやる気にはならないんですよん、どうしても。
午後は仕事。夕方ちょこっと混んだけど割に平和な日だった。だけどやる気がまったくおきなくて怠くてふらっと帰りたくなってしまった。社会人失格。バイトでもなんでもお金もらって働くかぎりちゃんとやるって言うのがモットーだったのに今日の自分はダメだった。いや…今日だけじゃなくこの所のやる気のなさに自分では気付いていてそれがまわりに悟られるのがいやでやる気のなさを気付かれないように動いていた。ああ…どうすればやる気が出せるんだろう…。
で、家に帰ってからもずーっとぐずくず考えてました。なんか本当に何もかもダメだーって思った、ひさびさに自分がきらいって思った。
でも帰りに気持ちをえい、やっ!って持ち上げて切符を買いました…明日行ってきます。一人旅どうなるかわからないけど。
ライブドア…びっくりした。