戯言スクラップブック

また日記を書き始めました。読んだ本や聴いた音楽など

GRAPEVINE @ 渋谷AX

行ってきました、tour2005 sweet home adabana
初日だから、まあやっぱり行っておきたいな〜と思って。だいたいツア初日って微妙なんだけど、まあ今日も微妙(笑)でもその微妙さこそを見に行ってたりして。ああ、でもありえない番号の悪さ!ファンクラブ先行にもかかわらず、しかも2日とも500番台って…呪ってやる〜嘘です。番号が悪くてもばっちりアニキが見渡せる場所はみつけだす自分。小柄な女の子ゾーンにスタンバイ。しかし開場から開演までの一時間が異様に長く感じられた…。朝帰り、仕事、高速移動、昨夜の白シャツヒラヒラが脳裏をよぎるがこのただ立ってる一時間でどっと疲れました。
メンバー登場とともにいったん押される。気付くとけっこう男が多くてアニキ〜コールが。一曲目、13/0.9から。あの、ギターのどわ〜んと言うところで西川さんがギターのネックのつまみを緩めたりしてそこでまずキターっと思った。あと突き放すようにジャっと鳴らす所とか。
今日の西川さんは夏に見たボーダーT、首に切り込みのあるやつ。田中くんは白シャツ、やっぱり可愛い。そして金戸さんと田中くんは散髪したて?髪がわりと短めで特に金戸さんはバッサリって感じ。
2曲目いきなりReverb、なにゆえここに?ってちょっと意外だったな〜シスターをはさんでなんと!いけすかない ですよ!めちゃめちゃ嬉しかったんだけど やっぱり昔の感じとはちょっと違うんだな〜と、それを見せ付けられた気がした。
後はあまり覚えてないです、セット。なんて言えばいいのかな…なんかぎこちない感じがするんですよー。初めての人と初めてする…みたいな(たとえが悪くてすいません)さぐりさぐり、一生懸命な気持ちはわかるんだけどまだまだ思い切り進めない感じ。音もバランスが…ひとつひとつ鳴らされてるけど全体がまとまってこちら側にこないって言うのか…。西川さんもちょこちょこミスってるし(笑)田中くんの苦笑いとか…。でもこのあせあせした演奏がツア進につれてまとまっていろんな色をみせていくのを見るのが快感だったりするんですよね。
今日の流れはなんかまとまりがなくて生温い空気の中をふわふわした感じだった。新作を中心になんだけどこの流れってどうなんだろう〜。でも公園まででほほ笑む西川さんにやられましたが。
そしてスカイライン は本気で心配させられた。だ、大丈夫か〜?とひやひやしたよー。きっとこういう曲あまりやらないし難しいんだと思うけど。あせり笑いね田中君がおかしかったです。この曲はこれからだな〜。そしてキングダム 、こちらもまだまだこれからすごくなりそうな曲だけど、田中君がとにかく嬉しそうだった〜。やりたかったんだねー。十二弦ギターじゃなくてちと残念だったけどそれじゃー最後田中くんがギター弾きたおせないもんね。西川さんとのギターバトルがすばらしい。
そしてポリゴン 、これがかっこよかった〜今日一番いいと思った。やっぱりこういう黒い感じの曲をやると本当かっこいい!
アダハナとか(最初の入り方が不穏な空気まとっててぞくぞくする)その未来とかもっともっと激しくやってほしい。GRAVEYARDはもうなんだか貫禄な感じがする。
本編ラストが望みの彼方だったんだけどこちらもなんか印象が違ってうーむ、ってちょっと思った。もっと重苦しく、せっぱつまった感じで〜。
アンコールは風待ち、ブレイクスルー 、ミスフライハイ。ブレイクスルーの西川さんの出だしのギター危うかったぞ!(笑)MCはあまり…。あ、いきなり地震があったって言ったので驚いた。「ついにGRAVEYARDで地震おこせるまでになったか 」なんて言うのではったりかと思ったら、本当だったみたいで帰りの電車がどうかひやひやしました。
初日はこんな感じ。いろいろ新作中心に新旧おりまぜたセットだったけどアレンジや早さが変わってたりして聞くこちら側もちょっととまどいがあったかな…。あと、田中くん、ハープもう少し頑張ってくださいな(汗)さて明日はどんな展開になるだろう。