戯言スクラップブック

また日記を書き始めました。読んだ本や聴いた音楽など

ズボンズ@新宿ロフト


ああ〜ズボンズファンでいて良かった〜!!!最高でした。言葉に表せない幸福観。そしていまだ興奮状態。DONの笑顔!何もかもが素晴らしかった〜。
スクリーンが下りてセッティングしてる時からちょっと違うなと思って。DONのマイクスタンドが中央の正面手前に!しかもこちらを向いている!ロフトってスクリーンおりてても足元は見えるんだけどな、なんとDONがコンバースをはいている!「友達とめずらしいよね?」「今はそういう気分なんじゃないの」と会話。
今回のライブはいつものズボンズ友達、Mちゃんとまたもや一年ぶりくらいに再会(?)したズボンズのファンになりたての頃いつも一緒に行ってたSさん(仕事が激務になってしまってライブ自体になかなか行けなくなってしまった)とがっつり最前で。自分が前回見たのはリキッドでシアターやスクービーとやった時だけどその時も変化がおこりつつあったズボンズ。それ以降のライブに行ったMちゃんから「もうまったくまた違うズボンズになったよ、○さんが絶対好きなズボンズだよ。」と聞いていたので物凄く期待。不思議な事にいつもは気になる、今日のDONのご機嫌は?なんて事も全然思わなかったなぁ〜
けっこうしっかりセッティングしててちょっと焦らされ気味。しかしならされるドラムやベースやギターの音は異常なくらいの音圧。それでまたこちらの気持ちもそわそわしてきてしまう。そしてスクリーンがあがった。中央にDONのマイクスタンド、左にむーちゃんのマイクスタンド、しかもけっこう手前に。ドラム、キーボードとシンプルな感じ。何故シンプルと感じるのかなと思ったらピロさんのパーカッションのセッティングがされてないからだった。メンバー登場〜やはりピロさんはいず、4人。むーちゃんの髪型の変化にもちと驚き、しかもまたもやスリムに?DONのポロシャツがまたなんか可愛い。
なーんて事ぼーっと見てたけど演奏が始まった途端意識飛びました。DONがDONがこちらを向いて歌ってるよ〜!客に向かって手をあげてるよ(泣)そして縦横無尽にステージ上を動き回るDON!いっきに頭に血が上り鼻血が本気で出るかと思った。何やったかもう全然覚えてないんですがとにかく激しくアグレッシブ!昔のズボンズが帰ってきたよ(泣)いや、昔じゃない、今のこのモードのズボンズ、音の重み、厚みがますます増してて凄すぎる!これってやっぱりあの長かったセッションモードがあったからこその物なのだろうか?
とにかく狂喜乱舞でギャーギャー騒いでしまい、その後で顔は笑っているのに泣けてきた。本当にちょっと泣いちゃったよ〜。ズボンズ好きだ〜とか思いながら。「帰ってきたよ」のDONのMC、海外遠征からの意味かもしれないけどこちら側には違う意味をもつ言葉。数年続いたセッションモード、シェルターのとまどいの夜からどのくらい?バンドの内側へ内側へひたすら深く潜って行ったズボンズ、その緊張感漂う感じは凄かったけどライブ見たあとはいつもどっと疲れてしまっていた。そして演奏中メンバーはお互いを内側を向いていて見ているこちら側は寂しいおいてけぼりな気持ちでいたりして…。こちらを向いてよ、DONのギターの音が聞きたいんだよ、と言う不満がいつも渦巻いてて…Mちゃんともそのことについて何度話し合っただろう…いつもどうどうめぐりだったね。なんだか長いトンネル抜けて光がさしたかのよう。いろんな感情に翻弄されながらただただ嬉しくてしかたない。もうここ数年ありえないくらいの暴れようだったかも。しかも顔は泣き笑い(汗)
DONの笑顔、DONの笑顔、DONの笑顔、もうそれにつきました〜。絶対フロア中幸福観に包まれてたはず!聞きたかったあの曲も、あの曲も、あの曲も!途中からは頭ふりふりのぐるぐる状態。なんかい拳をあげただろう…しかも自然にあがってしまうんだからしかたがない(笑)あちら側が投げ掛けて、こちら側が返すこの快感!ライブ〜!厚みのましたリズム隊の音、ギターの、DONのギターの音、相変わらずクールなマッタちゃん〜。何回もジャンプして頭が天井にぶつからないか心配になっちゃったよ(笑)本編が終わって汗だらけになっていた、自分の汗で。

アンコール、横に置いてあったパーカッションがセッティングされる。アンコールはピロさんも参加!と思ったらDONからお知らせが…なんとピロさんがバンドから抜けるらしい…。とてもショック、彼のパーカッションはズボンズの音を構成してる一部だったから…「でもねーへこたれませんよ、うちはドラムも何人もかわってるし」とは言え残念そうなDON。でもピロさんの表情、メンバーの表情はさっぱりしてて温かで清々しかった。で、ピロさんも交えての演奏、やっばりドラムとの相乗効果!この感じがたまらない。これからこの形を聞けなくなるのが本当に悲しい。新しい形のズボンズにピロさんのあのリズムはもう聞けないのか…と。そしてアンコールは何回ももう一度をやってくれました。嬉しすぎてはしゃぎすぎた〜最後に新曲も!ああ…ため息…

これからもやっぱりズボンズのファンであり続けようとまた気持ちもあらたに思わされたライブだった。やっぱりズボンズってバンドは他にないバンド。孤高のバンドでありつづける所が素晴らしいと思う。色々、色々あったけど良かったよ本当に。今日は何も言うことがない。何とも表現できない、凄いライブだったとしか言えない。そして3人でその感情を分かち合えたのも本当に幸せだな〜とつくづく感じた。

1.1-2-3!
2.South Central Rock
3.Crazy Pie
4.Texas
5.Get It Together
6.Stinky Boogie
7.C'mon&Get Down
8.Mo' Funky
9.Dolf
(encore.....Jaming with Piro)
1.Zoobombcrazy
2.Black INK Jive
3.Way In/Way Out
4.(we're gonna see)The Good-Good Future
5.Highway A Go-Go

公式より