神谷美恵子「神谷美恵子日記」

少し前から少しづつ読んでて昨日やった読み終えた。やっぱり日記ものは好きです。その人の日常をかいまみれて。
 とても誠実でまじめな彼女の生き方にはよんでるこちらもすがすがしい気持ちにさせられる。学ぶという事、表現するという事にすごい情熱をもって生きたひとなんだなと。そえがゆえいろんなジレンマに陥ったりするんだけど。そちらのほうに打ち込みたくてもそればかり出来ない日常にたいいしての苛立ちや・・・・。そういう苛立ち感は本当よくわかるな。
 でも人の一生って長いようでも短かいなって思った。わかくて情熱いっぱいの若い頃の日記と晩年の身体が思うように動かせないなかでも執筆しようとしてる日記と・・・・。こんど「生きがいについて」を読んでみたい。

神谷美恵子日記 (角川文庫)

神谷美恵子日記 (角川文庫)