NICK HEYWARD 「Woodland Echoes」

こちらも昨年買ったCD。いつも更新を楽しみにしている丸山ヨシオさんという方のブログで紹介されてた1枚。
元ヘアカット100のニックヘイワードの20年ぶりのアルバム。ヘアカット100は全然リアルタイムで聴いてなくて友達に2年位前に教えてもらうまで知らなかった。

とにかくポップなアルバム。作曲の素晴らしさを感じる。ポップなものって才能がなければ作れないと最近思う。全体を通して聴きやすくて一切の拒否反応がない。この表現おかしいですね。そうだ、一切嫌みがないというのか。全体としてポップにまとまっているけれど色んな要素の曲があってバラエテイ豊かだ。2曲目「Mountaintop」はカントリー風、「The Stars」Baby Blue Sky」はパワーポップ、ジャージィな「Who?」

イントロ曲の「New Beginning」の気持ちよさまさにアルバムジャケットの風景の中にいるよう。そしてこのアルバムが好きなのは「Beautiful Morning」「For Always」などのしっとりしたうつくしい曲があるからだ。

彼の年齢だからこそ出せるものがあるのだろう。ポールっぽさ、ジョンじゃない。

WOODLAND ECHOES

WOODLAND ECHOES