The Monkees 「Good Times!」

モンキーズの20年ぶりのスタジオアルバム。
もちろんモンキーズをリアルタイムで見ていたわけではなく(笑)存在は知っていたけれど(コマーシャルソングとかで使われてましたよね)興味を持ったのは映画バニラスカイのサントラで聴いてからでそこから安いBOXセットなどを購入して時々聴いてました。
この20年ぶりのアルバム

ソングライティングにはノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)、ウィーザーWeezer)のリヴァース・クオモ(Rivers Cuomo)、XTCのアンディ・パートリッジ(Andy Partridge)、デス・キャブ・フォー・キューティーDeath Cab for Cutie)のベン・ギバード(Benjamin Gibbard)らが参加予定。ファウンテインズ・オブ・ウェインFountains of Wayne)のアダム・シュレシンジャーがプロデュースを担当しています。

という内容を知り買ってしまいました。
内容はとにかくポップでキラキラしてる小品が詰まってて素敵な気分になる。すでに届いてから車で聴きまくっていたりする。たぶん今年の夏の思い出の一枚。
 2曲目のアンディ・パートリッジの曲なんてXTC!って思ってしまうし、ノエル・ギャラガーとポール師匠(ポール・ウェラー)の曲がビートルズっぽくてにやにやしてしまう。物凄く好きなのが6曲目でデスキャブのベンの曲でした(納得)
 色んなミュージシャンの楽曲だけでなく未完成曲やお蔵入りだった曲に演奏を追加したものもあって亡くなったDAVY JONESのヴォーカルの曲もあったり、色んなものが交じり合っているんだけどとにかくポップで愛すべきアルバム。

Good Times!

Good Times!

大好きな6曲目