村上春樹全作品1990−2000

図書館本。「TVピープル」をはじめ短編で編まれている。多くは読んでいるはずなのにけっこう内容を忘れているものなんだなあと驚いた。ちょっとそれはないんじゃないのと思わせる展開のものもあって(たとえば「加納クレタ」とか)でも本人にいる解題を読むと書かれた時期の状況と心理面とがクロスして納得するというのか。このかけない時期があり、そこからの再生のようなこの作品たちがあって今の作品までつながっているんだなと感じた。
夜のくもざるみたいな「ひょひょいのひょい」短編をまた書いてみてほしいな。

村上春樹全作品 1990~2000 第1巻 短篇集I

村上春樹全作品 1990~2000 第1巻 短篇集I