Johnny Harris 「Movements」

英国出身の作曲家&プロデューサー、ジョニー・ハリスの4作目。70年代初頭に流行したアート・ロック的なハード・グルーヴからイージーリスニングに通じるメロウなバラードに至るまで、知的で上質なポップ・インスト作品。

何かでこのアルバムのジャケットを見かけてずっと気になっていた。だって、このジャケットですよ。何か呪い殺されるような(笑)とは言いながら無性に惹かれ結局ジャケ買いです。

3曲めまでは映画か何かの挿入曲らしくそう言われればそういう雰囲気なのですが3曲目めちゃカッコいい!
最初聴いたときはサロンミュージック?って思った。なんて言うのか昔の洗練された未来像みたいな…6曲目のfootprints on the moonはまさにそういう雰囲気で夢見る気分にさせてくれる。

他にはカバーで、ビートルズのsomesthingやレノンのgive peace achance、これがベースが効いていてめちゃくちゃいい!ドアーズのカバーもかっこいい。ジミーウェッブののwichgta linemanも美しい(ジミーウェッブ大好き)ストーンズの黒くぬれもこんな風になるんだと言う驚き。

時に優雅で、時にサイケで色々と楽しめるアルバムでした。素晴らしい♪

ムーヴメンツ <Free Soul SHM-CD Collection>

ムーヴメンツ