井坂洋子 「詩はあなたの隣にいる」

 詩集を一番よく読んだのは中学から高校の2年生くらいだったと思う。中学の時に八木重吉の詩に触れて自分で詩集を買って本当にいつも読んでいた。そのあとはまったのは谷川俊太郎だった。現国の教科書に載っているのを読んだ時に解放感と孤独感とを同時に感じた。詩集を色々買い集めて大阪の紀伊国屋へサイン会にも出かけた。その2人の詩人にはまったことからどんどん広がって色んな人の詩を読んでいた。
 
 何時からか詩集を読まなくなっていた。なぜだろう。あんなに自分の中にまっすぐに対していた詩の世界にいつしか向き合うことをしなくなった。
 再びなんとなく詩や歌の世界が気になりだしたのは仕事にひと段落をつけたころからだ。ああ、もう一度じっくりと読みたいな。いやじっくりでなくても掌でころころと転がしていたいなと思うようになった。そして先日の堀江敏幸さんの講義でその思いは一層強くなった。

 井坂洋子さんは以前から気になっていた詩人のひとりだ。詩集はまだ読んだことはないけれど図書館でこの本を見つけて読み始めた。詩人である井坂洋子さんによる詩の世界への手引書のようなそんな著書だ。テーマごとに何篇かの詩が紹介されていて知ってる詩人もいれば全く知らなかった詩人もいて色んな詩に出会えて良かった。そしてどれひとつとしてその作品が似たものはなくて詩と言うのはストレートにその人物そのものが映し出されるんだなと思った。昔読んだ詩人には懐かしく再会し、初めて読んだ詩人は初めまして。そんな感じで読み進んでいった。その道案内が井坂さんなのだ。
 これを機会にぽちぽちと少しずつ詩を読んでいこう。そして掌で転がそう、秘密の宝物のように。

詩はあなたの隣にいる (単行本)

詩はあなたの隣にいる (単行本)