[ライブ] GRAPEVINE SOMETHING SPECIAL @ 恵比寿リキッドルーム

今年初のバインちゃんのライブ。ゲストを招いてのSOMETHING SPECIAL、今日のゲストはSchroeder-headz。キーボード、ベース、ドラム3人のインストバンドで初見。キーボードの人は前にカーネーションの時にサポートで見た渡辺シュンスケさんだった。軽快で美しくうねっていく感じを楽しませていただきました。ベースが5弦ベースだったらしく(気がつかず後で友達に教えてもらった)、だからなのか?ベースの演奏奏法がすごかった、両方の指とも弾いてるような。

後攻のグレイプバイン、新旧取り混ぜたセットリスト。もうちょい新作から聴きたいぞ、と思う気持ちにさせるちょうどよい塩梅さ。全部はツアーでねみたいな(笑)

隣にいた友人がもう2曲目くらいで西川さんのギターにフニャンとなってて可笑しかった。思わず、はやいよ〜と言ってしまった(笑)
でも久しぶりの西川さんのギターはやっぱり格別で自分もいちいち反応してしまう。やっぱり好きだーこのギターが!

新作の中から披露してくれたBABELのかっこよさと変態性、うーん、ドキドキします。こんな作品がいったいツアーでどんな風に変化していくのか考えただけで楽しみ。

そのすぐ後にやってくれたSPFは感涙物。歌詞も…
バインちゃんのライブはもちろんバンドの西川さんの演奏を堪能するのも楽しみなんだけど、一瞬に曲の世界に入り込んでそれが自分の感情と混ざるところがまたあまり他にないことだと思う。それがあって、それはときどきいっぱいになって苦しくなったりもするんだけど、まさにそれをしに行ってるような所もあって。

終盤のCOREの凄まじいプレイにヘナヘナにさせられた。凄かったな。

新年最初のライブ?という事もあってチューニングとかきまらないところとかかちっとあわさったりはもう一息かなとも思ったけど箱を開けた始まった感があってとても気持ちが高揚した。明日も楽しみ。

帰りにちょこっと飲みに行ってたくさん笑ってこちらも始まったなーな感じ。楽しい。いつまでもこんな風にライブを見て友達としゃべってって出来るといいのにな。
永遠がないとしてもそう思っていたい。

今日は思い切ってパーカーを買ってしまった。バックの鳥が可愛かったんだもん。
春にいっぱい着ますよ♪