Willy Mason「 Carry On 」

アメリカ・ニューヨーク州出身のSSW
ウィリー・メイソンの3枚目のアルバム。2012年発売。
なんのきっかけで出会ったか忘れましたが試聴したら良かったので買ってしまいました。ジャケットにも魅かれたし(笑)

盤にも山猫?がぐるぐるしていて可愛い(笑)

色々と検索したら驚いたことに1984年生まれなんですね。まさかそんな若いとは。だって声からするに渋い年を重ねたカントリーの方かと思っていたので。フォーキー&カントリーテイストなアルバムなんだけど後ろで鳴ってる音がやっぱり今な感じもあり3曲目「Talk Me Down」や4曲目「Restless Fugitive」などのパーカッションの音がなかなか良いです。
あと8曲目「Painted Glass」の後ろでかき鳴らされているギターの音など、ヘッドポンでそういう音を色々聴くのも楽しい。

でもそういう音が歌を邪魔してないのでそれはよく計算されてるんだろうなあなんて思ったり。渋い声のボーカルも素晴らしい。

じっくり聴いても良いけど何気なく流していても心地よいそんなアルバム。

Carry on

Carry on