もうひとつの街

朝起きてぼんやりして、あ、夢見たなと思う。少しづつ思い出す。
そうだまたあそこだ。
何回か出てきてる街。東京の街のどこか、山手線の高架の下に色んなお店がごちゃごちゃ入っている。
けれど実際にはない街。
今回もC嬢と一緒だった。そして別れたところから始まる。
いつも帰りの駅の入り口がわからない。
ああここだと思ってどんどん階段を登って行ったらなんだかどこかのビルの事務所の扉の前に出てしまう。
駅の入り口なら◯階ですよと教えてもらって下っていく。改札が見えてきた、ホッとした。
改札の近くに机があってそこに若者がふたり箱に手を入れては(くじ引きの箱のように穴が空いている)中からパンを出して物凄い勢いで食べている。

ああ無料でパンを提供してるんだ

ここで多分目が覚めた。

パンの箱は初めて出てきたな。なんか多分自分の感情の何かが影響してる夢なんだろうな。

図書館の返却日。2冊しか読めなかったのに懲りずにまた5冊借りてしまった。今回は大物から読むか。

バインちゃんの新譜到着♪ 少しずつ聴き込んでどっぷりとその世界全部に浸かるのは多分ツアー真っ最中。