吉田修一 「怒り」

吉田修一は普段読まないが時々読んでみたくなる。読みやすいのでなんだか一気に読んだーって感覚になりたい時に読みたくなるのかな。これも上下文庫本でこの間東京行った時に買ってしまった。

それで今日一気読み。
ある殺人事件の犯人?かと思われる素性のはっきりしない若い男性が3つの物語の人達の前に現れて進んでいく。三者とも犯人の特徴を何かしら持っていて読む方はちょっとしたミステリー感覚も楽しみながら読むことができる。3つの物語としたけれど犯人を追いかける若い刑事の話を入れると4つの物語が交互に出てきて話は進んでいく。4つ目の刑事の前には素性をひたすらに隠す女の人も出てくるわ。
この物語はそういう相手をどこまで信じるとこが出来るのかというそれぞれの物語の人々の葛藤が中心だと思う。その苦しみが描かれている。悲劇的な結末で終わるものもあれば喪失感で終わるものもある。ある種ハッピーエンドで終わる話もあって少しほっとする。

でも最大の不満は犯人の中にあった怒りが全然わからない。読んだ後そこに物足りなさを感じてしまう。そっちを深く描かれた物語を期待してたのかな。
というか題名「怒り」じゃないような気がするんだけどどうだろう。

あ、文庫本の帯には映画化決定の見出しとキャストが。未來くんとマツケン♪ 誰がどの役やるんだろうと考えるのは楽しかった。

怒り(下) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)