今年聴いたもの Father John Misty「I Love You, Honeybear」

 今年はアップルミュージックなるものを自分も始めて気になるもの、新譜であってもけっこうアップルミュージックににあって気軽に聴ける環境に。
今まで気になっててもどんな音かわからなかったものとか聴けるようになってCDを買って失敗した〜ってこともなくなった。
 しかし、いくら聴き放題だからと言ってもいいなと思う音源はやっぱりCDで持っていたいわけで、正直去年と桁違いにCDを買っているという状態。
 Father John Mistyの新譜も気になっていて最初はアップルミュージックで聴いていたのですが聴くほどに良いのでCDを購入。届いたらジャケットがまた素晴らしくてちょっと嬉しくなってしまった。

 中を開いたところ
Father John Mistyは元フリートフォクシーズのドラマーだった人のソロプロジェクト。プロデューサーがジョナサンウイルソンと言うのも知って嬉しくなってしまった。(この方のアルバムも今年よく聴いたので)

 1曲目の豊かに伸びていく声にちょっとルーファスウエインライトを感じたり、いなたさと新しさが交じり合ってて素晴らしいアルバム。
 歌詞を読んでみると愛情に関してのかなり複雑な部分が描かれているのかな。複雑でいてけれどストレートな感情が表れていて魅かれる。このくらいに思いこめあえる恋愛ができたらよいなあなんて。
 2015年のお気に入りアルバムの1枚になりました。

I Love You Honeybear [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 豪華・特殊パッケージ  / 国内盤] (TRCP186)

I Love You Honeybear [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 豪華・特殊パッケージ / 国内盤] (TRCP186)