日本文学100年の名作第1巻1914-1923 夢見る部屋 (新潮文庫)

新潮文庫の日本文学100年の名作中短編アンソロジー第1巻。谷崎、芥川、内田作品は読んだことあったけれどその他の作品は初めて読む。1914ー1923の作品ということで当時の風景や、生活感がしのばれる作品があって面白い。鷗外の「寒山拾得」面白かった。最後にクスッとほんわりする。宇野浩二の「夢見る部屋」あわ……っと思ったけれどこれと同じ願望ってあるよなあと……ここまでじゃないけどこれと同じような事やってるんじゃないのかなと思ってしまった。