山崎ナオコーラ「昼田とハッコウ」

「長い終わりが始まる」が好きでああいう痛い感じをついつい求めてしまうけどそこは薄めだった。主人公の従兄弟に対する屈折した気持ちと愛情が時間の中にあってそこが良かった。あと嫌な性格と思ってた朝倉についついひかれてしまう(笑)いつのまにか!
 町の本屋さんて本当に大変なんだな。昼田の給与をみてしみじみしてしまった。アロワナ書店のカバー欲しいな。


昼田とハッコウ

昼田とハッコウ