JOJOさんの裁判

 今日は月に一度職場をやめた友達と遊ぶ日で今日は「風立ちぬ」を見に行った。見終わった感想は・・・・ん〜よくわからないという感じだった。たぶんわかりやすい映画を作っているわけではないと思うけれどそれでも自分にはピンと来なかった。高橋源一郎が絶賛していたけれどその良さがわからない自分はどんなもんだろう?あと先に見いったダンナが泣いちゃった、すごく良かった!と言っていたけれどそこも共鳴出来ず。ロマンを追い続けるひとりの男の人のドラマとしてしか受け止められなかったのはどうなのだろう?と若干もやもやしてしまいました。

 友達をご飯を食べてから別れてから東京へ。渋谷のアップリンクJOJO広重の裁判というイベントを見に行く。前回も行ったけれどとても面白かったし、今回はなんと言っても裁判長が山本さんでいったいどんな事になるだろうと楽しみにしていた。前回の裁判でJOJOさんという人のいろんな面を知る事が出来たけれどまだまだあの好人物のなかに隠されたものがあるんじゃないか?(笑)そこを覗けるのがこのイベント。今回はショー的な部分がパワーアップされていてなんていうのかお客さんを笑わせるというのまるで喜劇を見ているような部分もあり、ずっと笑いっぱなしだった。その分ダークにJOJOさんの内面を突っ込んでいくというのではなかったけれどそれはまたの機会に。

 出演者に大友さんがいらしたのでもしやあまちゃんで活躍中の大友さんを攻める大友裁判になるのでは?と思ったけれどよけいな心配だった(山本さんからのあれこれはあったけどW)なんか大友さんていい人なんだなあ〜としみじみ。
 ピットインの店長や、坂田明さんへのビデオインタビューも面白かったし、挙動不審な山本さんも面白かったし、美川産の突っ込み検事も面白かったけれどやっぱり前裁判長の野間さんの「偏食」に的をしぼっての攻撃が圧巻だった。さすがのJOJOさんもちょっとやられていたような(笑)この人と言い合いは絶対したくない(笑)

 山本さん番長の下した判決は「無罪」山本さんの判決文になんか納得してしまう。あと「ノイズ冷蔵庫」とJOJOさんの奥さんとの日常話にほのぼのとなってしまった自分はやっぱりだまされているのかな?(笑)